読書感想文は本選びで決まる!オススメの本選び+書き方

未分類

夏休みの宿題夏休みの宿題と言えば、 「読書感想文」

苦手な方多いと思います。私も大嫌いです。 読書感想文が大好きなんて人はこの世にいるんでしょうか(笑)

嫌いな理由

  • そもそも読書が嫌いだからやってらんねぇー
  • どんな本読んだらいいのか分からない  
  • 何を書いたらいいか分からない
  • 長い文章を書くのが嫌い     

大半がこのような理由だと思います。とにかく、いいものを書くとかどうでもよくて早く読書感想文を終わらせたい!そして、夏休み満喫したい方は必見です。

社会問題について書かれた本を選べ!

読書感想文を書くのに、書きやすい本を選ぶことがとても重要。本選びを間違えると感想文は捗らないと言っていいでしょう。おすすめはズバリ、論説文で社会問題が主題の本です。

論説文…ある主題(テーマ)に対して筆者の考え・意見を書いた文章のこと

論説文をおすすめする理由は、

筆者の考えを理解しやすいからです。筆者の意見がどのようなものか分かれば、その意見に対して賛成なのか反対なのか・自分の感じたこと・考えたことなどが書きやすくなるはずです。

社会問題がテーマの本の場合、その社会問題についての自分の考えを書けばいいだけなので、本を読まずに書くということも可能です。←良い子はマネしないでください。

社会問題

(例)ゴミ問題・戦争・原発問題・地球温暖化など。

他にもたくさんの社会問題があると思いますが、どれを選べばいいかわからないという方は例に挙げた中から選んでみてはいかがでしょうか。

あとは「ゴミ問題 本」のように検索するなどして本を探してください。

本は全部読まなくてもいい!

本当は全部読んで欲しいのですが、全部読まなくても読書感想文を作れます。重要なのは筆者の考え・意見・提案などをしっかりと押さえることです。

全部の本が同じ構成で書かれているわけではないので一概には言えないですが、論説文の場合、基本的には序論・本論・結論で書かれています。

えっ、何のこと?ってなってると思いますが気にしなくていいです(笑)

とにかく結論を見つけます。結論は筆者の考え・意見・提案などが書かれている部分です。本の最終章または最終章の一つ前の章から書かれている場合などもあります。

ゴミ問題について書かれた本の場合。

<例>プラスチックゴミを減らすためにはエコバッグの普及が重要だ!そのためにレジ袋の有料化にすべきだと考えている。

といった感じで筆者の考えが書かれている部分が絶対にあるはずです。

目次を見れば各章の説明が書かれているかと思います。また、本によりますが章の始まりなどに本の構成について簡単な説明が書かれているものもあります。これらを利用して結論=筆者の考え・意見・提案などが書かれている部分を探してみてください。

メモを取ろう

筆者の考え・意見・提案などが書かれているところはしっかり読んでいくのですが、読みながらメモを取ってください。メモを取ると時間がかかると思いますが、きちんと取ることで何回も本を読む手間が省けます。最終的にはこのメモを見ながら読書感想文を書いていきましょう

メモの取り方に関してはセンスが出るところですが、自分がそのメモを見直したときにどんな内容だったのか思い出せるようにしましょう。余裕があれば自分が感じたことや思ったことなども書いておくことで、読書感想文がよりスムーズに書けるようになると思います。

読書感想文の書き方(構成) 

読書感想文を書く上で重要なことは本を読む前と読み終わった後での自分の考えの変化です 。実際に変わってなくてもいいのですが、変わったということにしておきましょう。その方が書きやすいので(笑)

序論 (15~20%)

主に本を選んだ理由を書いていきます。嘘でも全然構いません(笑)。社会問題についての本を選んでおけば、

<例>「海洋プラスチックごみ」最近、ニュースなどでよく目にする言葉ですが、なぜこんなに騒がれているのか気になったので、『●●●』という本を読んでみました。

という風に適当な理由をつけやすいです。文字数は15~20%程度書いてください。文字数指定が2000字だとすると300~400字ということです。

本論 (60~70%)

本論はあくまで結論へ導くための肉付けです。

  1. 社会問題に対する著者の考え・意見・提案はどういったものか 
    • <例>この本の中で著者は〇〇な考えで、これを実現するために、△△を提案していました。
  2. 社会問題や著者の考えに対して、自分の意見・気づいたこと・感じたこと・考えたことなど
    • <例>著者の提案する△△は非常にいい考えだと思いました。ですが私は××という提案がいいと考えました。理由は…です。

著者と自分の意見・考えを比較してみると書きやすいかと思います。あとは気合でどうにかしてください。

本を読みたくない、読まないで書くという人は

その社会問題に関する一般論をネットなどで調べて、その意見に対する自分の考えを書いてみるなども一つの手です。

結論(15~20%)

結論はあらかじめ決めておくことをおすすめします。決めておいた結論に向けて本論を書いていくというイメージです。読む前と読み終わった後での自分の変化を中心に書きましょう。

<例>本を読む前は「海洋プラスチックごみ問題」について知らないことだらけでしたが、この本を通じて、この問題がいかに深刻な状態であるか気づくことができました。私にできることは限られていると思いますが、エコバッグを使ったりするなど日々の意識から変えていく必要があると感じました。

まとめ

  • 本選び
    • 社会問題について書かれた本がおすすめ
  • 読み方
    • その本の要点=著者の考え・意見・提案を押さえて読む
    • メモをとりながら読む
  • 書き方
    • とったメモを見ながら書く
    • 結論をあらかじめ決めておく
    • 結論は本を読む前と読み終えた後での変化を中心に最終的な自分の考えを
    • 序論は本を選んだ理由などを中心に
    • 本論は筆者の考え、自分の考えなどを書き結論へと導く肉付けをする
タイトルとURLをコピーしました