【iPadで使えるBluetoothキーボード】おすすめのメーカーやタイプは?

iPadに対応する純正のキーボードとして「Smart KeyboardSmart Keyboard folioMagic Keyboard」がありますが、こいつら高いですよね…。

iPad+純正キーボードだと、高性能のパソコン買えるくらいの値段になるので、純正キーボード欲しいけど諦めたって人も多いんじゃないかと思います。

そんな人におすすめしたいのが、サードパーティー製のBluetoothキーボードです。

サードパーティーとは?

コンピュータ部品・周辺機器・ソフトウェア等のメーカーのサードパーティーとは、コンピュータ本体のメーカーとは直接の関係がないメーカーである。彼らの製品をサードパーティー製品(非純正品、または社外品)と呼ぶ。対義語としては純正がある。

引用:wikipedia「サードパーティー」

つまり、iPadの場合は、Apple以外が製造するiPad関連製品がサードパーティー製品ということになります。

サードパーティー製品のメリットとしては、「製品の選択肢が多い」「純正品に比べ低価格」などが挙げられます。ただし、中には粗悪なものもあるため、ある程度実績や信頼があるメーカーを選ぶことも重要です。

その辺も含め、この記事では「iPadで使えるおすすめBluetoothキーボード」を紹介していきます。

iPad用のBluetoothキーボードを選ぶ前に抑えておきたいポイント

iPadで使えるBluetoothキーボードを選ぶ際に、まずは、以下の2点について押さえておきましょう。また、知っておくことで、今後Bluetooth製品を選ぶときにも参考になると思います。

  1. Bluetooth2.4GHzワイヤレスの違い
  2. Bluetoothのバージョンについて

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードは別物!

Bluetoothキーボードで検索してみると、Bluetoothキーボード以外にも「ワイヤレスキーボード」「2.4GHzワイヤレスキーボード」と表記されたものが出てくると思います。

Bluetoothは2.4GHz帯のワイヤレス(=無線)通信規格の1つなんですが、「Bluetoothキーボード」と「2.4GHzワイヤレスキーボード」では接続方法が異なります。

2.4GHzワイヤレスで接続する場合、端末側にレシーバーを装着する必要があります。一方で、Bluetoothキーボードの場合はレシーバーが不要です。そのため、端子が乏しいiPadでは「Bluetoothキーボード」がベストな選択になります。

ワイヤレスキーボードというとBluetooth2.4GHzワイヤレス両方に対応したものが多いですが、中には2.4GHzのみに対応している製品もあります。「Bluetooth対応かどうか」をしっかりと確認するようにしましょう。

Bluetoothのバージョンはより新しいものが好ましい

Bluetoothには3.0、4.0、4.2、5.0…などのバージョンがあり、Bluetooth3.0以前4.0以降では通信の方式が異なっています。そのため、Bluetooth「3.0以前の製品」と「4.0以降の製品」同士では接続できない場合があるので注意が必要です。

詳しい説明はELECOMの製品Q&Aを読んでみてください。非常にわかりやすくまとめられていました。

現在販売されているiPadは「無印=Bluetooth4.2」「mini/Air/Pro=Bluetooth5.0」となります。iPadではBluetooth3.0以前のキーボードでも使用可能ですが、機能の充実という点でも、より新しいバージョンのものがオススメです。

ただし、Bluetoothが新しいバージョンだからといって、必ずその能力が最大限発揮されるわけではありません。例えば、iPad無印(=Bluetooth4.2)で、Bluetooth5.1のキーボードを接続した場合、Bluetoothはバージョン4.2の能力を発揮するという仕様になっているのでご注意ください。

「Bluetoothのバージョンによる具体的な違い」については、WikipediaのBluetoothを参考にしてみてください。

おすすめメーカー(ブランド)は…

個人的にオススメなiPad用Bluetoothキーボードのメーカー(ブランド)は以下になります。

Logicool(ロジクール)は、パソコン周辺機器の老舗メーカーで、ハイスペックで高価な製品が充実しています。もちろん、お手頃価格帯の製品もありますが種類は少ないです。

MOBOiCleverEwinは、お手頃価格のキーボードが充実しています。安価ですがしっかりと使えて、シンプルなデザインで万人受けするようなものが多く、コスパ最高です。

iPad用でおすすめのBluetoothキーボードは大きく3タイプ

iPadで使えるBluetoothキーボードは大きく3種類に分類できます。

  1. iPadケースとセットになったタイプ
  2. 折りたたみ式タイプ
  3. デスクトップ用タイプ

iPadケースとセットになったタイプ

出典:Amazon

「キーボードの使用が多い」「頻繁に持ち運びする」など、ノートPCのようなスタイルでiPadを使う人にオススメです。

特徴&注意点

特徴
  • ケースを開くとすぐにキーボードが使える手軽さ
  • トラックパッド付きの場合、マウスが不要で持ち運びに便利
  • キーボードを紛失することがない(一体式)
注意点
  • 全体の厚みや重さが気になる
  • キーボードを使わない時は邪魔になる
  • キー配列が5段(1列少ない)ものが多い
  • iPadのケース部分がボロボロになってくる

一体式と着脱式がある!

iPadケースとキーボードがセットになっているタイプには、一体式(=ケースとキーボードがくっついている)と、脱着式(=キーボードが分離できる)があります。

例えば、iPadでゲームをしたり、手で持って縦画面にして使うなどといった場合、一体式ではキーボードの取り外しができないため邪魔になりがちです。ケースからiPadを取り出して使用するにしても、頻繁にするのであれば結構面倒と言えるでしょう。一方で、脱着式はiPadにケースを装着したままキーボードだけを簡単に取り外すことができるので、汎用性が高いと言えるでしょう。

「iPadケースとセットになったタイプ」のおすすめは…

このタイプでは、Ewinのキーボードがおすすめです。理由は、以下の4点になります。

  • トラックパッドが付いている
  • お手頃な価格
  • 軽量
  • キーボードが薄いため、収納時かなりコンパクトになる

そもそも持ち運びするのが前提なので、他のメーカーのものと比べても特にキーボードが薄く、全体の重さも軽量という点で、Ewinのキーボードが頭1つ抜けていると言えます。

折りたたみ式タイプ

折りたたみ式キーボードには、二つ折り式両端折りたたみ式があります。どちらも軽量でかつ折りたたむことでコンパクトになります。そのため、カバンに入れても邪魔にならず、持ち運びする人向けにピッタリと言えます。

特徴&注意点

特徴
  • コンパクトで軽量
  • 持ち運びが容易
注意点
  • キーボードの配列が5段のものが多い(数字キーとファンクションキーが同じキーにまとめられている)
  • キーが小さかったり、キーピッチが狭いものが多い
  • 少し変った配列のキーボードもある

二つ折り式キーボード

出典:iClever

二つ折り式キーボードは、折りたたみ式の中でも特に軽量コンパクトなキーボードになっています。

ただし、折りたたみ部分や両端部分のキーが小さくなっているなど、キーの大きさが不揃いなキーボードが多いです。ある程度「タイピングのしやすさ」や「作業効率」なども考えるなら、キーの大きさ・間隔(ピッチ)を考慮するといいでしょう。

両端折りたたみ式

出典:iClever

両端折りたたみ式キーボードは、「トラックパッド(タッチパッド)付き」「キー配列が6段のフルサイズ」などバラエティ豊かです。

コンパクトさでは二つ折り式キーボードに負けてしますが、作業のしやすさなどを考慮すると、両端折りたたみ式キーボードも捨てがたい存在と言えます。

トラックパッド付き

iPadでキーボードを使う作業(=パソコンのような使い方)をするのであれば、マウスもしくはトラックパッドが必要になります。トラックパッド付きの折りたたみキーボードは、使い勝手も良く、何より余計な荷物も減るためオススメです。

フルサイズのキーボード

両端折りたたみタイプのキーボードでは、キー配列が5段だけでなく、6段のフルサイズキーボードもあります。作業のしやすさ・使い勝手を求める場合は、フルサイズがおすすめです。

モボ(Mobo)
¥6,280 (2022/06/17 19:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

一般的なデスクトップ用タイプ

出典:iClever

このタイプは、持ち運びには向きませんが、キーボードの使い勝手としては1番です。基本的には、机から動かさず、デスクトップPCと兼用での使用などにおすすめです。

乾電池式と充電式がある

iPadケースとセットになったタイプ・折りたたみ式タイプのキーボードは、基本的に充電式ですが、デスクトップ用タイプでは、充電式だけじゃなく乾電池式もあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、購入の際は充電式か乾電池式かの確認はしておきましょう!

乾電池式

乾電池式といっても、頻繁に電池交換が必要なるわけではありません。基本的には、フル充電した充電式キーボードがバッテリー切れになるまでの駆動時間より、乾電池式の方が長時間駆動できます。

乾電池式では、使い捨ての乾電池を使うのもいいですが、eneloopなどの充電式電池を使うのもおすすめです。

充電式

充電式は、乾電池式と比べると価格は少し高めになっていますが、選択肢が多く「テンキーの有無・US/JIS配列・複数台同時接続」など自分の好みに合ったキーボードが見つけやすいです。

まとめ

今回は、iPadで使えるお手頃価格のキーボードという観点でBluetoothキーボードを選んでみました。

  • iPadケースとセットになったタイプ
  • 折りたたみ式タイプ
  • デスクトップ用タイプ

それぞれメリット・デメリットを考慮して、ぴったりのキーボード見つけてみてください。