何を選べばいい?大学生パソコン選び。失敗しないために最低限理解しておきたいこと。

大学生になるとパソコンは必需品と言えます。

ほとんどの大学には学生共用のPCがあり、大学からパソコン必須の指定ない限りマイPCが必ずしも必要というわけではないです。

ただ、PC使うためにわざわざ大学に行くなんてことしたくないですよね。使いたい時すぐに使える方がいいですよね?利便性を考えるならマイPCは持っておくべきだと思います。

PCを持っておくべきと言われても、PCについて詳しくなければ、

  • どれを選べばいいか分からない
  • 安い方がいいけど、ちゃんと使えるのか
  • とりあえず、わからないから高いの買っておけばいいや

などという感じになっちゃいますよね?

この記事では、PCを選ぶ時のポイントについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

どのような使い方をするのか考えて購入しよう!

  • レポート
  • プレゼン
  • オンライン授業
  • 就職活動時の使用(ビデオ通話・Webテストなど)
  • 卒業論文
  • ネットで調べもの
  • 動画視聴

使い方を大まかに挙げるとこんな感じでしょうか。

低スペックすぎるPCでは快適に使えなくイライラするかもしれません。また、学部や専攻によっては専門ソフトを使って作業することもあります。そうのような場合はしっかりとした性能のPCが必要になることも。。。

いずれにしても、自分の使い方にあったPCを選ぶことが重要です。

デスクトップPC・ノートPCどちらにするか

持ち運びを考えている場合

学校やお洒落なカフェなんかに持って行って使いたいという方はノートPC一択です。ただし注意点として、14、15インチになってくると大きさ・重さは持ち運びに不向きになってきます。

持ち運びを考えている方は、13インチ程度のモバイルノートPCにすることをおすすめします。

持ち運びを考えていない場合

自分のPCは自宅で使用し、学校でPCを使いたい時は「学生共用のPCで問題ないよー」という方は14、15インチ〜のノートPCまたはデスクトップPCの選択です。

下宿生や一人暮らしの方は部屋にデスクトップPCがあると邪魔になるという方も多いと思います。なるべく場所を取りたくないという方には14、15インチ〜のノートPCがおすすめです。

画面サイズは大きい方が見やすくて作業効率も良くなるよー。

自分の使い方に合うスペックを選んでいく

  • OS[Windows/Mac/chrome OSなど]
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ[HDD/SSD]
  • バッテリー駆動時間(*ノートPC)

PCを選ぶ際に上記のことをしっかりと押さえる必要があります。

OS[Windows/Mac/Chrome OSなど]を選ぶ

OSはコンピューターを動かすための基盤となるソフトウェアのことです。

MicrosoftのWindowsやAppleのMacというのはパソコンに詳しくない人でも1度くらいは聞いたことあるかと思います。最近はGoogleのChrome OSの人気がありMacユーザーより多くなったとか…。

OSの違いはどのようなものか?

端的に言うと機能や操作方法などに違いがあるということです。AndroidのスマホとiPhoneでは、使い勝手が少し異なるという感じ。

違いがあると言っても、PCであることに変わりはないので、動画を見たりインターネットで検索したりという基本的なことの違いはありません。

一般的なのは「Windows」

大学が推奨するパソコンは、主にWindowsやMacのどちらでもいいといった感じが多いです。ただ、大学を卒業してからのことを考えてみてください。おそらく会社使うことになるPCはWindowsなので、慣れておいて損はないと思います。

特にこだわりがなければ、Windowsがオススメです。

CPU(プロセッサー)

CPUは人間で言うところの頭脳です。CPUの性能が良ければ値段も高くなり、パソコン自体の値段にも関わってきます。

パソコンは大まかに3種類に分けると、

  • ハイスペックモデル(10万円前後〜)
  • ミドルスペックモデル(5〜10万円前後)
  • エントリーモデル(〜5万円前後)

といった感じです。あくまで目安であって、メーカーなどによって違いはあります。

CPUはIntel製がほとんどでしたが、最近はAMD製のCPUも増えてきました。現在販売されているPCの多くは下記表のCPUが使われています。

性能(スペック)IntelAMD
core i7Ryzen7
core i5
core i3
Ryzen5
Ryzen3
pentium
celeron
 

で、どれを選べば良いの?

オススメはcore i3・core i5 / Ryzen3・Ryzen5

corei7やRyzen7は高スペックですが、一般的な使用で高スペックは必要ないかと思います。

専門的なソフトを使うなど学部や専攻によってはハイスペックなPCが必要な場合はありますが、そういった場合は、事前に大学側から「どういったPCが必要なのか」指定があるはずです。その指定に従って選べば問題ないかと思います。

ネットサーフィン文書制作くらいなら、celeronやpentiumなどの低スペックでも問題ないです。ただ、オンライン授業などとなると少し厳しいかもしれません。

例えば、最近よく耳にするWEB会議サービスZoomでは、core i3・Ryzen 3以上を推奨となっています。

価格を抑えたいなら、Ryzenがおすすめ

パソコンは高価なモノ。価格はできるだけ抑えたいですよね。。。

coreと同等・それ以上の性能であるにもにもかかわらず、Ryzen搭載PCはcore搭載よりも、少し低価格になっていることが多い。

CPUは出来るだけ世代の新しいものを

CPUは基本的に、世代が新しいものほど高性能になってます。最新のパソコンを買えば、比較的新しい世代のCPUが使われていますが、中古で買うときはcore iシリーズだとしても、あまりにも世代の古すぎるものはオススメしません。

2021年8月現在、以下を搭載したものが主流です。

  • core10世代 10000番台〜
  • Ryzen4世代 5000番台〜

メモリ(RAM)

メモリ(RAM)は、PCの処理したデータ等を一時的に記憶するものです。一般的に机の大きさ・作業スペースに例えられます。

メモリ容量が大きければ、複数のソフトを同時に使用しても重くなりません

4GB/8GB/16GBのメモリが主流で、値段の安いPCには大体4GBのメモリが搭載されています。

文書制作やネットサーフィンなどの最低限度の軽作業であれば4GBで問題ないです。また、Zoomの推奨も4GBとなっています。

ただ、複数のソフトを同時に使用する場合(word等で文書制作しながら、インタネットで複数のタブを開いて情報集めなど)は、メモリが不足する場合があり、おすすめはしません。

コストを重視して4GBを選択してもいいと思いますが、快適さを求めるなら8GBがおすすめです。
迷った場合は8GBにしましょう!

ストレージ(ROM)

ストレージ(ROM)はデータを保存しておく場所です。

ストレージにはHDDとSSDがありますが、最近のPCのほとんどはSSDを搭載しています。ここは迷わずSSDを選択しましょう

 HDDSSD
メリット容量が大きくても安価起動が速い
衝撃耐性がある
消費電力が少ない
発熱が少ない
軽い
デメリット起動が遅い
衝撃に弱い
消費電力が多い
高温になる
重い
価格が高め

基本的にストレージは大容量に越したことはないです。

しかしながら、大容量になればコストも要します。基本的には、128GBもしくは256GBあれば十分です。

もし容量が足りないとなれば、クラウドサービス外付けのHDD/SSDを利用するという手もあります。容量は後から対処法があるので、欲張らずにコストを抑える方に重点を置くといいと思います。

バッテリー駆動時間

ノートパソコンの場合バッテリー駆動時間も確認しておきたい項目です。自宅で使用する場合は電源を確保出来るので、そんなに気にしなくてもいいです。

しかし、持ち運びを考えている方は1日中使用できるかどうか気になりますよね。バッテリー駆動時間は最低でも10時間程度は欲しいところです。

実際に使ってみると分かりますが、基本的にバッテリーはメーカーの公称値ほど持ちません。実際の駆動時間は少し低めに見積もっておくことが大事です。パソコンでの作業内容などにもよりますが、実際の駆動時間はメーカ公称値の6〜8割程度くらいかなーといった感じ。

バッテリーは劣化する

バッテリーは使用しているうちに劣化し、駆動時間が本来より短くなってきます。少しでもバッテリーの寿命を延ばすために、

  • 高温な場所での使用や放置
  • 充電しながらの使用
  • 充電しっぱなし(過充電
  • バッテリー残量0%での放置(過放電

などに気をつけましょう。

まとめ

PCに詳しくない方という方は、とりあえず、

  • CPU
  • メモリ(RAM)
  • ストレージ(ROM)

最低限この3つを理解しておけば、自分の使い方にあったパソコン選びができると思います。

性能と価格のバランスがよく、コスパのいいパソコンとしては、LenovoideaPadシリーズなどがおすすめです。

2021年8月現在、オススメは…