防水等級を示す「IPX」は数字が大きいほど防水性能が優れているという訳ではない!

スマホやイヤホンなどの仕様を見ていると、「IPX6」や「IPX8」など目にすることあると思います。

IPXとは防水性能を表すものなんですが、詳しい内容をネット検索すると「IPXの数字が大きい(等級が高い)ほど防水性能がいい」と書かれていることがあります。

しかし、これ少し間違っているんですよね…。

その辺について、この記事では、詳しく解説できたらと思います。

IP」防塵・防水の性能を表す

そもそも「IP」は防塵・防水の等級のことで、それぞれどの程度かを示すものです。IP○X」は防塵性能を、IPX○」は防水性能を表しています。

例えば「IP36」のように連続で数字が入っていた場合は、「IP3X」等級の防塵と「IPX6
」等級の防水性能の両方があるという事になります。

「IPX」は8等級ある

防水性能を表す「IPX」には8つの等級があります。

等級定義
IPX0無保護
IPX1鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない
IPX2外郭が鉛直に対して両側に15°以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない
IPX3鉛直から両側に60°までの角度で噴霧した水によっても有害な影響を及ぼしてはならない
IPX4あらゆる方向からの水の飛まつによっても有害
影響を及ぼしてはならない
IPX5あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない
IPX6あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない
IPX7規定の圧力及び時間で外郭を一時的に水中に沈めたとき,有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない
IPX8関係者間で取り決めた条件下(IPX7より厳しいもの)で外郭を継続的に水中に沈めたとき,有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない

IPXの等級が高いほど優れているわけではない

IPXの定義を見てみると、「IPX1〜6」と「IPX7以上」で明確な違いがあります。

IPX6までは下位の条件を満たしているため、数字が高い方がシンプルに防水機能が優れている

一方で、IPX7IPX8は必ずしも、下位の条件を満たしているという訳ではない。(特にIPX5やIPX6の水の噴流にさらされることに適さないと考えられている)

なので、「数字が大きければ大きいほど、防水性能に優れている」というのは少し間違いになります。

「IPX6/IPX8」の二重表示が最強!

IPX5IPX6は「水の噴流に対する防水性能」を、IPX7IPX8は「浸水に対する防水性能」というように、防水といっても種類があるわけです。

IPX6あったとしても、浸水に対しての防水機能があるわけではないし、IPX8あってもシャワーなどの流水にさらすと壊れるかもしれません。

ということは、「水の噴流」と「浸水」の両方に対する防水性能があるといいんじゃねってことなりますよね?

IPXは、浸水に対する防水性能があって、さらに「水の噴流」に対しての防水性能もある場合、二重表示ができるようになっています。

以上を踏まえた上で、IPXの表記で最も優れた防水性能を発揮できるのは、「IPX6/IPX8」の表示ということになります。

まとめ

防水等級を表すIPXは、数字が大きいほど、防水性能が高いというわけではない。

IPX5・IPX6は「水の噴流に対しての防水性能」が、IPX7・IPX8は「浸水に対しての防水性能」が示されていて、それぞれ役割が異なっている。

この両方に対応している場合は二重表示がされて、IPXの表示で最も防水性能に優れていると言えるのは、「IPX6/IPX8」の表示ということになります。

そもそも、IPXの数字を気にして製品を買うことは稀だと思いますが、よかったら参考にしてみてください。