YouTubeの広告をブロックできるブラウザ「Brave」が最強すぎる。

最近は、テレビよりもYouTubeで自分の好きな動画を好きな時に見るというのが一般的になりつつあり、毎日YouTubeで動画を視聴しているという人も多いですよねー。

そんなYouTubeですが、動画の途中に必ずと言っていいほど広告が出るため、煩わしく思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、「Brave」ブラウザです!!

この記事では、

ブラウザ「Brave」の特徴

についてまとめています。

Braveが使えるのは…

Windows・Mac・Linux・iOS・Android版が用意されており、大抵のパソコンやタブレット、スマホで利用することができます。

Braveの特長

  • あらゆる広告をしっかりとブロック
  • 高速なブラウジング可能(ページの読み込みが速い)
  • ブラウジングするだけで仮想通貨がもらえる

あらゆる広告をブロック

ブラウザといえば、SafariChromeを使っている人がほとんどだと思います。これらのブラウザにはデフォルトで広告をブロックする機能はありません。

PC版のSafariやChromeであれば、アドブロック系の拡張機能を使うことで、広告ブロックできます。しかし、スマホやタブレット(iOSやAndroid版)で使う場合は、こういった拡張機能が使えません。

スマホやタブレットで、YouTubeの広告を消したい場合は「YouTubeプレミアムに登録する」、webサイトの広告ブロックしたい場合は「アドブロック系のアプリを使う」などといった選択肢がありますが、基本的に有料のサービスになります。

しかし、Braveは無料で、スマホでも広告がブロックが可能です!!

Braveには「Brave shield」というプライバシーを保護する機能があり、オンすることで、YouTubeの動画広告はもちろん、webサイトにあるさまざまなタイプの広告、そのほとんどを消し去ることができます。

また、広告消すだけでなく、トラッカーをブロックします。

トラッカーは皆さんのインターネットでの行動を監視し追跡しています。例えば、「自分が気になって検索した商品が、全く関係のないサイトの広告欄に出てくる」などは、トラッカーがあなたを追跡しているためです。

トラッカーが個人情報を悪用しているというわけではありません。しかし、監視されていると思うと気持ちいいものではありませんよね…。

高速なブラウジング

広告やトラッカーをブロックするということは、それらを読み込まないということです。つまり、単純にその分ページの読み込みが速くなり、快適なブラウジングができます。

また、広告やトラッカーを防止することで、少しではありますが、バッテリーの節約にもつながっています。

Brave公式によると、「Google Chromeと比べ、ページの読込速度は3倍高速に1、メモリ消費は33%少なく2、かつバッテリー駆動時間が最大1時間長くなっています。」とのこと。

仮想通貨が貰える

Braveには「Brave Rewards」というシステムがあります。

「Brave Rewardsとはどういったものなのか」ざっくり言うと、ネットサーフィンをしながら報酬を得ることができるというシステムです。

「Brave Rewards」の機能をオンにし、ネットサーフィンをしていると定期的にBrave Ads(Braveが配信する広告)が表示されます。このBrave Adsが表示されると、その報酬として仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)を獲得できます。

もちろん、Brave Rewardの機能をオフにすると、広告は一切出ませんので報酬はもらえません。とりあえず、「広告は全部いらねぇー」って場合は、この機能はオフにしておきましょう。

Brave Ads

Brave Rewardの報酬は、iOS(iPhone・iPad)では獲得できません。なので現状、iPhoneやiPadでBraveを使う場合はBrave Rewardの機能はオフでいいと思います。

Brave Adsは、閲覧行動から推測されるものに基づいていますが、このような情報が外部に送られることはないそうです。あまり信用しすぎるのもどうかと思いますが、実際に使用していて閲覧履歴が漏れてるようなことは無いかなーという感じです。

なので、プライバシー保護はある程度信用できると思います。

表示される広告の最大数を設定できる

1時間に1~5、10件から選べます。選んだ最大数が確実に表示されるというわけではなく、あくまで最大数です。実際に最大数分の広告表示されることは少ない。

また、braveの公式によると、広告数は140上限だそうだ。

まとめ

Braveの特長は、なんといっても「Brave Shield」と「Brave Rewards」の2つ。

  1. Brave Shield」はあらゆる広告やトラッカーをブロックし、プライバシーを保護してくれます。
  2. Brave Rewards」は機能をオンにすると、Brave Adsが表示されて報酬(BAT)を獲得できる。

iOS(iPhoneやiPad)では報酬「BAT」が獲得できないので、実質広告のブロック機能があるだけのブラウザです。しかしながら、このブロック機能はとても優秀なので、それだけでBraveを使う理由になります。

よくYouTubeを見るのであれば、YouTubeの動画内広告を完璧にブロックしてくるので、Braveマジでおすすめです。

Brave - 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave – 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave Software無料posted withアプリーチ