YouTubeの広告をブロックできるブラウザ「Brave」が最強すぎる。

最近は、「YouTubeで自分の好きな動画を好きな時に見る」というのが一般的になって、「毎日YouTubeで動画を視聴しているよー」という人も多いですよねー。

そんなYouTubeですが、動画の途中に必ずと言っていいほど広告が出るため、煩わしく思っている人も多いのではないでしょうか。

中には、広告がうざすぎて、有料の「YouTubeプレミアム」に登録している人もいるかと思います。

YouTubeプレミアム自体は音楽が聴き放題になるなど素晴らしいサービスなんですが、YouTubeの動画広告を消したいのなら、わざわざ有料サービスを利用しなくてもいいんです!!

そう、「Brave」ブラウザを使えばね。

この記事では、

無料でYouTubeの広告もブロックできるブラウザ「Brave」の特徴

についてまとめています。

Braveブラウザが使えるのは…

Braveブラウザは、Windows・Mac・Linux・iOS・Android版が用意されており、基本的にはどのスマホやPC、タブレット端末でも利用することができます

Braveの特徴

みなさんはブラウザって何を使っていますか?

やっぱり定番の「Google Chrome」「Safari」が多いですかね…。

Braveは他のブラウザと比べて、以下の3点で特徴的なブラウザになります。

  • あらゆる広告をしっかりとブロック
  • 高速なブラウジング可能(ページの読み込みが速い)
  • ブラウジングするだけで仮想通貨がもらえる

無料であらゆる広告をブロック

YouTubeの動画やwebページなどを閲覧していると、「広告多くてうざいなー」という経験ありますよね?

Braveを利用した場合「webサイト上にある広告」そのほとんどをブロックできる。また、広告をブロックする機能は無料で使える

例えば、「Google Chrome」や「Safari」といったブラウザには、デフォルトで広告をブロックする機能はありません。

*PC版であれば、アドブロック系の拡張機能を使うことで、広告ブロックできます。しかし、スマホ・タブレット端末(iOS・Android版)では、現状このような拡張機能は使えません。

webサイトの広告ブロックしたい場合は「アドブロック系のアプリを使う」、YouTubeの広告を消したい場合は「YouTubeプレミアムに登録する」などといった選択肢があります。

しかし、どれも基本的に有料のサービスになります。

なので、Braveは「あらゆる広告を無料でブロックできる」という秀逸なブラウザなんです!

プライバシーを保護する「Brave shield」

Braveには「Brave shield」というプライバシーを保護する機能があります。

この機能をオンにすることで、webページ上の広告YouTubeの動画広告など、そのほとんどを消し去ることができます。

また、広告消すだけでなく、「トラッカー」をブロックします。

トラッカー」は皆さんのインターネットでの行動を監視し追跡しています。例えば、「自分が気になって検索した商品が、全く関係のないサイトの広告欄に出てくる」などは、トラッカーがあなたを追跡しているためです。

トラッカーが個人情報を悪用しているというわけではありません。しかし、監視されていると思うと気持ちいいものではありませんよね…。

高速なブラウジングが可能に!

上記で述べたように、Brave shield」をオンにすることで広告やトラッカーをブロックできます

広告やトラッカーをブロックするということは、それらを読み込まないということです。つまり、単純にその分ページの読み込みが速くなり、快適なブラウジングが可能になります。

また、微々たるものではありますが、バッテリーの節約にもつながっています。

Brave公式によると、「Google Chromeと比べ、ページの読込速度は3倍高速に1、メモリ消費は33%少なく2、かつバッテリー駆動時間が最大1時間長くなっています。」とのこと。

仮想通貨が貰える

Braveには「Brave Rewards(Brave報酬)」というシステムがあります。

「Brave Rewardsとはどういったものなのか」ざっくり言うと、ネットサーフィンをしながら報酬を得ることができるというシステムです。

「Brave Rewards」の機能をオンにし、ネットサーフィンをしていると定期的にBrave Ads(Braveが配信する広告)が表示されます。この広告が表示されると、その報酬として仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)を獲得できます。

もちろん、Brave Rewardの機能をオフにすると、広告は一切出ませんので報酬はもらえません。とりあえず、「広告は全部いらねぇー」って場合は、この機能はオフにしておきましょう。

Brave Ads

Brave Rewardの報酬は、iOS(iPhone・iPad)では獲得できません。なので、現状iPhone・iPadで使う場合、Brave Rewardの機能はオフでいいと思います。

Brave Adsは、閲覧行動から推測されるものに基づいていますが、このような情報が外部に送られることはないそうです。あまり信用しすぎるのもどうかと思いますが、実際に使用していて閲覧履歴が漏れてるようなことは無いかなーという感じです。

なので、プライバシー保護はある程度信用できると思います。

表示される広告の最大数を設定できる

1時間に1~5、10件から選べます。選んだ最大数が確実に表示されるというわけではなく、あくまで最大数です。実際に最大数分の広告表示されることは少ない。

また、braveの公式によると、広告数は140上限だそうだ。

まとめ

Braveの特長は、なんといっても「Brave Shield」と「Brave Rewards」の2つ。

  1. Brave Shield」はあらゆる広告やトラッカーをブロックし、プライバシーを保護してくれます。
  2. Brave Rewards」は機能をオンにすると、Brave Adsが表示されて報酬(BAT)を獲得できる。

iOS(iPhoneやiPad)では報酬「BAT」が獲得できないので、実質広告のブロック機能があるだけのブラウザです。しかしながら、このブロック機能はとても優秀なので、それだけでBraveを使う理由になります。

よくYouTubeを見るのであれば、YouTubeの動画内広告を完璧にブロックしてくるので、Braveマジでおすすめです。

Brave - 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave – 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave Software無料posted withアプリーチ