iPadの文字入力をスマホと同じようにフリック入力する方法。

iPadで文字入力する際、ソフトウェアキーボードがデフォルトの場合

  • 文字入力が使いにくい
  • 画面を広く占有してしまうので邪魔になる

など、使いにくさを感じている人も多いかと思います。

日本語-かな入力
日本語-ローマ字入力

何も設定していない状態では、上記画像のようなキーボードが表示されているはずです。この記事では、上記画像のキーボードを下記画像のようにする手順をまとめています。

手順の解説

日本語-かな入力を設定する

まずは、[設定]を開き、[一般]→[キーボード]をタップ。

1番上にある[キーボード]をさらにタップして[日本語-かな入力]があるか確認します。

デフォルトではおそらく[日本語-かな入力が表示されていると思いますが、もし表示されていない場合は、[新しくキーボードを追加…]から[日本語]→[かな入力]の順にタップして表示させてください。

キーボードの分割]をオンにする

[設定]→[一般]→[キーボード]からキーボードの分割をオンにしておきます。

これで[設定]を使う作業は終了です。

ソフトウェアキーボードを開いて設定する

インターネットやメモなど何でも構わないので、文字入力できるものを使って、ソフトウェアキーボードを表示させてください。

表示されたキーボードの右下キーボードマークを長押したままにすると、固定解除・分割・フローティングが出てきます。長押ししたまま指を滑らせてフローティングを選択します。指を離すと選択できなくなるので注意してください。

[フローティング]を選択すると、下記画像のようになります。あとは、[日本語かな]に切り替えると、スマホと同じようなキーボードとなります。

ちなみに、[フローティング]にして小さくなったキーボードは、自由に位置を変えることができます。キーボードの下部の横線(下記画像の赤く囲んだ部分を長押ししながら動かして、自分の好きな場所に移動させましょう!

まとめ

iPadで文字入力するとき、デフォルトのキーボード設定だと使いにくいですよね?慣れていないのもあって操作が難しいし、キーボードが大きすぎて隠れる部分多いし…。

普段から使い慣れてるスマホのように、フリックでの文字入力がいいという人は、この機会にぜひ設定してみてはどうでしょうか。