【iPadの文字入力】スマホと同じ「フリック入力」のキーボードにする方法。

iPadのキーボードの設定

iPadで文字入力する時のキーボードって非常に使いづらくないですか?

デフォルトの状態では、上記画像のようなキーボードが表示されていると思います。

このキーボード、スマホの文字入力に慣れている人からすると、かなり使いにくいんですよね…。

そこで、この記事では、iPadでもスマホと同じような「フリック入力」のキーボードを使えるようにする手順を紹介します。

設定は簡単なので、ぜひ試してみてください。

iPadでもスマホと同じ文字入力が使える!

手順の解説

[日本語-かな入力]が設定されているか確認する

  1. [設定]を開く
  2. [一般]→[キーボード]→[キーボード]の順にタップ
  3. 日本語-かな入力]の表示がされているか確認する

[日本語-かな入力]表示されていない場合は、[新しいキーボードを追加…]→[日本語]→[かな入力]の順にタップして表示させてください。

[日本語-かな入力]が表示されているのを確認できれば、次の作業に進みましょう。

キーボードを分割]をオンにする

  1. [設定]を開く
  2. [一般]→[キーボード]をタップ
  3. キーボードを分割]をONにする

[日本語-かな入力]を確認した画面からだと、1つ前に戻った画面に[キーボードを分割]があると思います。

[キーボード分割]をオンにできれば、これで[設定]を使う作業は終了です。

ソフトウェアキーボードを表示させての設定

  1. ソフトウェアキーボードを表示させる
  2. 1番右下にあるキー(キーボードのマークがついた)を長押し
  3. 長押ししたままフローティングを選択

この作業が完了し次第、iPadでもスマホのように文字入力ができるようになります。

ソフトウェアキーボードを表示させる

まずは、インターネットの検索やメモなど何でも構わないので、キーボードを表示させてください。

1番右下にあるキー(キーボードのマークがついた)を長押し

表示させたキーボードの右下キーボードマークを長押したままにすると、「固定解除・分割・フローティング」という選択肢が出てきます。

長押ししたままフローティングを選択

右下のキーボードマークを長押ししたまま、指を滑らせて[フローティング]を選択します。

この時、指を離すと選択できなくなるので注意してください。

これで、スマホと同じ「フリック入力」のできるキーボードが出てきます。

[フローティング]にして、小さくなったキーボードは、自由に位置を変えることができます

キーボードの下部の横線(上記画像の赤く囲んだ部分を長押ししながら動かして、自分が操作しやすい場所に移動させてみてください!

画面中央の下の方に持っていくと、[フローティング]状態が解除されます。

スマホの文字入力「ああ」の連打が「い」にならない 「フリックのみ」の設定方法