【iPhone充電ケーブル】Lightning端子が腐食する原因と対処法




急にiPhoneが充電できなくなったら流石に焦りますよね。iPhoneってお世辞でも安いとは言えない値段ですから(笑)。

iPhoneが充電できない時は

  • iPhone本体
  • 充電ケーブル
  • 充電器(ACアダプター)

のいずれかにや故障・不具合あるのですが、その内「充電ケーブルの不具合」という場合がほとんど占めているかと思います。

iPhoneユーザーなら一度はLightningケーブルを潰したことあるんじゃないでしょうか。


充電ケーブル不具合の原因

「なんで充電できなくなるのか?」というと、理由は簡単でケーブルに電気が流れないからです。その原因としては、

  • 断線
  • 接触不良

の2つが考えられます。


断線

「見た感じ充電ケーブルに何も問題ないのに充電できない」という場合でもケーブルの内部で断線していれば、もちろん充電できません。

断線は引っ張ったり・曲げたりすることが原因となります。

充電が終わった後、ケーブル部分を引っ張って取り外しするのはNG。ブーツ部分を摘んで取り外しましょー。。。

ケーブルによっては断線に強い製品があるので、ケーブルを新調する時はそういった製品をがオススメです。


接触不良

iPhoneや一部のiPadでも使われているLightningケーブルですが、その充電ケーブルの端子部分が腐食・焦げてしまうことがあります。

Lightningの焦げ・腐食

こういう状態になってませんか?


腐食・焦げてしまう理由

Lightningの端子が黒く焦げてしまうのは、水分が原因と言われています。

  • 濡れた手で触る
  • お風呂上がりの水分含んだ手で触る
  • 結露がついてしまう

など、とにかく水分がついた状態での充電がLightning端子の焦げに繋がるようです。


また、充電するためにLightningを抜き差しすることで、どうしても端子の表面部分が擦れて傷がついてきます。この状態で結露など水分によって青錆びが発生しやすくなり、接触不良の原因となります。

とにかく、水分がついたまま放置してしまうといいことないです。もし水分がついてしまった場合はしっかり拭きとっておきましょう。


焦げてしまって充電できない時の対処法 

金属部分を安全ピンや精密ドライバーなどで擦って腐食部分を削る方法があります。

しかし、これは腐食してない部分の金属を傷つけたり・削りすぎたりしてしまう可能性があるのであまりオススメでできません。

いろいろ試してみた結果、腐食部分だけを取り除くには爪楊枝綿棒の棒部分など金属でないものがいいと思いました。


金属が腐食している部分を取り除くと、綺麗な金属面が見えると思います。とりあえず、この状態で充電が可能になるはずです。

綺麗になった表面はコーティングが剥がれた状態なので、このままだと高確率で綺麗な青錆が「こんにちは」します。なので、綺麗になった部分に接点回復剤というものを塗って防錆することが望ましいです。

接点復活剤は細かい部分に塗りやすいタイプがオススメです。


対処法はあくまで応急処置的なもの

修理してモノを大事に使うというのは素晴らしい考えだと思いますが、ぶっちゃけ新しく買う方が圧倒的に楽です。しかも、安心安全。

接点復活剤持ってるとかなら修理もいいかなとは思いますが…。まあ、新しくLightningケーブルを買い直して、腐食しないように気をつけるのが無難だと思います。


Lightningケーブルは純正かMFi認証のあるものを

Lightningケーブルを新しく買う場合は、Apple純正のもの、またはMFi認証がついたものを選ぶようにしましょう。

MFi認証とは【Made for iPhone|iPad|iPod】というロゴがついた、Apple社によって認定されているサードパーティー(第三者)製のLightningコネクタになります。

MFi認証がされていないものは、

  • iPhoneやiPadなどの本体を損傷させる
  • ケーブルが粗悪品
  • 充電できない

といった可能性あり。。。

Apple社としてもMFi認証されたものを推奨しています。詳細はApple公式サイト「Lightning コネクタアクセサリの偽造品や模倣品を識別する

iPhoneの充電はワイヤレス充電へ

今後、おそらくiPhoneは充電するコネクタ自体を廃止し、ワイヤレス充電を普及させていくという方向性は間違いないかと。。。

この際、思い切ってLightningケーブルを使わないワイヤレス充電に変えてみてもいいかもしれませんね。*iPhone8以降のiPhoneからワイヤレス充電に対応しています。