【スマホの文字入力】「フリックのみ」の設定方法。「あ」を連続タップで「あああ…」と連続入力が可能に!

スマホの文字入力「ああ」の連打が「い」にならない 「フリックのみ」の設定方法

いきなりですが、スマホの文字入力で「ああ」と入力してみてください。

「あ」を2回連続でタップすると「い」になってしまうと思います。そのため「ああ」を入力した後、少し間をあけてから再び「あ」を入力しましたよね?

文字入力が初期設定の場合、連続でタップすると文字が変換されていくため、同じ文字を連続で入力することができません。

しかし、フリックのみ」という設定をONにするだけで、連続タップで同じ文字を入力できるようになります!

「フリックのみ」がOFFの場合

フリックのみがOFFの状態

「フリックのみ」設定がOFFの状態では、「あ」を連続でタップすると「あいうえお…」と文字が変換されてしまいます。

「フリックのみ」がONの場合

フリックのみがONの状態

「フリックのみ」をONに設定すると、「あ」を連続タップしても文字が変換されず、「あああ…」と連続で入力することができます。

「フリックのみ」をONにする設定方法

設定方法はとても簡単。以下を参考に早速設定してみてください。

iPhone・iPadの場合

[設定]アプリを開く
[一般]から[キーボード]をタップ
下にスクロールし、「フリックのみ」をタップ

iPadでスマホと同じようなキーボードを利用したい場合は、下記記事を参考にしてみてください。

iPadのキーボードの設定

Android端末「GBoard」の場合

Android端末では、メーカによって若干違いがあるので注意してください。※ここではOPPOのスマホを使用しています。

設定アプリを開く
その他の設定]→「キーボードおよび入力方式」をタップ

メーカーによって、その他の設定は「システム」、キーボードおよび入力方式は「言語と文字の入力」などと名称が異なっています。

とにかくキーボードの設定ができる箇所を見つけましょう!

使用可能なキーボードの[Gboard]を開く

※文字入力するキーボードから「設定」をタップすることで、①〜③の作業を飛ばすこともできます。

「言語」→「日本語」の順にタップ

12キーレイアウトの設定の[フリックのみ]をONにする

その他キーボードアプリの場合

例えば、Simejiなどの「キーボードアプリを使っているよー」って人も多いかと思います。キーボードアプリでもアプリを開いて、設定から[フリックのみ]に設定することが可能です。

Simejiの場合

Simejiアプリを開く
「設定」→「キーボード設定」をタップ

キーボード設定を押すと、iPhoneやiPadのSimejiアプリでは「フリックのみ」の項目が出てくるので、ONにしましょう。

Android端末の場合は次に進見ます。

「言語選択と入力タイプ」→「日本語」をタップ
「フリックの詳細設定」をタップ
ケータイ入力を併用をOFFにする

これで「フリックのみ」の設定になっています。