iPadでの文書作成「Word・Pages・ドキュメント」おすすめは…

ipadの文書作成アプリ比較アイキャッチ

iPadで文書作成する場合、

  • Microsoft「Word
  • Apple「Pages
  • Google「ドキュメント

主にこの3つが選択肢になってきます。

この記事では、「Word」「Pages」「ドキュメント」それぞれの特徴についてまとめています。

Wordの特徴

iPadで「Word」を利用する方法は2パターンあります。

  1. App Storeからインストールする「iOSアプリ版 Word
  2. Safariなどのブラウザを利用する「Web版 Word」です。

「iOSアプリ版 Word」

iOS版 Word 編集画面

〈iOS版「Word」の特徴〉

  • オフライン編集できる
  • 無料版有料版(サブスクリプション版「Microsoft 365」)がある
  • 無料版では満足に文書作成できない
  • データは「OneDrive」に自動保存される

無料版は機能が制限されている

無料版では「画面サイズが10.1インチ以下」の場合に限り文書の作成・編集が可能です。

ただし、機能はかなり制限されます。

10.1インチ以下閲覧/簡易編集文書の作成・編集は一応できるが、機能はかなり少ない
10.2インチ以上閲覧のみ文書の作成・編集ができない

簡易編集の詳細な機能についてはこちら→「Word Mobile 機能比較表

ちなみに、現在販売されているiPadでは「iPad mini」のみが、簡易編集に対応しています。

現在販売中のiPad画面サイズ
iPad(第9世代)10.2インチ
mini(第6世代)8.3インチ
Air(第5世代)10.9インチ
11インチPro(第3世代) 11インチ
12.9インチPro(第5世代)12.9インチ

「Web版 Word」

Web版「Word」の編集画面
Web版 Word 編集画面

〈Web版「Word」の特徴〉

  • オフライン編集できない
  • 無料で機能制限なく編集できる
  • データは「OneDrive」に自動保存
    →「OneDrive」は無料で5GBを利用できる

「Web版 Word」の利用する手順

「office online」で検索、「Web 版の Excel、Word、PowerPoint…」をタップ
サインインまたは、無料でサインアップをタップ

Web版のofficeを使うには、Microsoftアカウントが必須になります。

アカウントを持っている場合は「サインイン」、持っていない場合は「サインアップ」を選択し、Microsoftアカウントを登録しましょう。

サインイン後、左端にある「Wordのアイコン」を選択

「Wordのアイコン」をタップすると、以下の画面になります。

新規作成からテンプレートを選ぶと編集が開始する

Googleドキュメントの特徴

Googleドキュメントは、Googleアカウントに登録することで利用できる文書作成ツールです。

Googleドキュメントで作成したデータは「Googleドライブ」に自動保存されます。この「Googleドライブ」というのは、Googleアカウントに登録することで、誰でも無料で15GB利用可能です。

iPadでGoogleドキュメントを利用する方法は、「Word」と同様に2パターンあります。

  1. iOSアプリ版
  2. ブラウザ版(Web版)

iOSアプリ版 Googleドキュメント

【iPad】iOS版Googleドキュメントアプリ
iOSアプリ版 Googleドキュメント
  • 無料で使える!
  • オフライン編集が可能
  • データはGoogleドライブに自動保存
  • 機能は少なめ

「iOSアプリ版Googleドキュメント」はルーラー(目盛り)が使えないなど、機能は若干少なめです。

とはいっても「文字を打ち込む、箇条書き、文字の大きさを変える、文字を太くする」など基本的なことは問題なくできます。

ブラウザ版 Googleドキュメント

【iPad】ブラウザ版Googleドキュメント
  • 無料で使える!
  • オフライン編集はできない
  • データはGoogleドライブに自動保存
  • 機能はiOSアプリ版に比べ充実している

「ブラウザ版 Googleドキュメント」は機能が充実しているため、かなり本格的な文書作成ができます。

ただし、オフラインでの編集ができません

iPadで「Googleドキュメント」を利用する場合は、機能が充実した「ブラウザ版」と、オフラインでも編集可能な「iOSアプリ版」を使い分けるのがおすすめです!

iPadで【ブラウザ版】Googleドキュメントを利用する方法

Googleドキュメントで検索
「Google Docs:無料のオンライン ドキュメント…」をタップ

タップすると、以下の画面が表示されます。

Googleドキュメントのホームページ
「ドキュメントに移動」をタップ

「アプリ版」が起動してしまう場合は、「ドキュメントに移動」を長押し→「新しいタブで開く」をタップすると、「ブラウザ版」を開くことができます。

同じ画面が表示される場合は、おそらくモバイルサイトが読み込まれている状態だと思われますので、「PC版サイトをリクエスト」をしてみましょう。

Googleアカウントでログインする

ログインが完了すると、

こんな感じで、ブラウザ版のGoogleドキュメントが利用できます。

こちらの URL「https://docs.google.com/」からブラウザ版Googleドキュメントにアクセスできます。

Pagesの特徴

PagesはiPadに最初からインストールされている文書作成アプリです。

削除してしまった場合でも、App Storeから再ダウンロードできます。

Pages編集画面
Pages 編集画面

〈Pagesの特徴〉

  • 無料で利用できる
  • オフラインでも使用可能
  • iCloud・本体ストレージにデータを自動保存
  • iCloudに保存したデータはiPhoneやMacでも共有・編集ができる
  • 機能の充実度はアプリ版Googleドキュメントと同程度

Pagesの機能は「アプリ版Googleドキュメント」とほとんど変わりませんが、ルーラー機能がついているなど、より綺麗で見やすい文書を作ることができます。

文書作成ツールを無料でも満足できる!

文書作成ツールは、基本的に無料で使えるものがオススメです。

理由としては、

  1. 無料でも、有料並みの機能が使えるツールがある
  2. 文書は容量をそこまで消費しない

という点が挙げられます。

文書作成ツールの機能差

機能が充実している順に並べて見ると、以下になります。(あくまで個人的な見解)

1位ブラウザ版 ドキュメント(無料)
iOSアプリ版 Word 「サブスク版」(有料)
2位Web版 Word(無料)
3位Pages(無料)
4位iOSアプリ版 ドキュメント(無料)
5位iOSアプリ版 Word 「無料版」(無料)

文書の容量消費は少ない

文書が消費する容量は、写真や動画などと比べれば微々たるものです。

なので基本的には、オンラインストレージの無料利用できる容量「Googleドライブ(15GB)、OneDrive(5GB)iCloud(5GB)」でも十分足ります。

もし容量が増えてきた場合は、データを消去・移動させればいいだけです。

まとめ

iPadの文書作成ツールは、無料で利用できるもので十分

本格的な文書の作成なら、

  • ブラウザ版 Googleドキュメント
  • Web版 Word

が機能充実でおすすめ!

下書きや考えをまとめる程度のライトな使い方なら

  • Pages
  • iOSアプリ版 Googleドキュメント

がオフライン編集可能でおすすめ!