iPadでの文書作成「Word・Pages・ドキュメント」おすすめは…

ipadの文書作成アプリ比較アイキャッチ

iPadで文書作成する場合、

  • Microsoft「Word
  • Apple「Pages
  • Google「ドキュメント

主にこの3つが選択肢になってくると思います。

この記事では、「Word」「Pages」「ドキュメント」それぞれの特徴についてまとめています。

Word

iPadで利用できる「Word」には、App Storeからインストールする「iOSアプリ版 Word」と、Safariなどのブラウザを使う「Web版 Word」があります。

「iOS版 Word」の特徴

iOS版 Word 編集画面
  • オフラインで利用できる
  • 無料版サブスクリプション版「Microsoft 365」がある
  • 基本的に有料でないと文書作成できない
  • データは「OneDrive」に自動保存される

無料版の詳細

無料版では、端末の画面サイズが10.1インチ以下の場合に限り「閲覧と簡易編集」が利用できます。10.2インチ以上は「閲覧」のみ可能。

現在販売中のiPad画面サイズ
iPad(第9世代)10.2インチ
mini(第6世代)8.3インチ
Air(第5世代)10.9インチ
11インチPro(第3世代) 11インチ
12.9インチPro(第5世代)12.9インチ

現在販売中のiPadでは、miniのみ「簡易編集」ができます。

「簡易編集」では文書作成が可能ですが、サブスク版「Microsoft 365」に比べると機能制限があります。Word Mobile 機能比較表

「Web版 Word」の特徴

Web版 Word 編集画面
  • 無料で編集できる
  • データは「OneDrive」に自動保存
    →「OneDrive」は無料で5GBを利用できる
  • オフライン編集できない

「Web版 Word」の利用する手順

「office online」で検索、「Web 版の Excel、Word、PowerPoint…」をタップ
サインインまたは、無料でサインアップをタップ

Web版のofficeを使うには、Microsoftアカウントが必須になります。

アカウントを持っている場合は「サインイン」、持っていない場合は「サインアップ」を選択し、Microsoftアカウントを登録しましょう。

サインイン後、左端の「Word」を選択

サインインすると、

このようになります。

この画面が表示されたら、左側にあるWordのアイコンをタップしましょう!

新規作成からテンプレートを選ぶと編集が開始する

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、Googleアカウントに登録することで利用できる文書作成ツールです。

Googleドキュメントで作成したデータは「Googleドライブ」に自動保存されます。この「Googleドライブ」というのは、Googleアカウントに登録することで、誰でも無料で15GB利用可能です。

iPadでGoogleドキュメントを利用する場合、「iOSアプリ版」「ブラウザ版(Web版)」があります。

iOSアプリ版 Googleドキュメントの特徴

【iPad】iOS版Googleドキュメントアプリ
iOSアプリ版 Googleドキュメント
  • 無料で使える!
  • オフライン編集が可能
  • データはGoogleドライブに自動保存
  • 機能は少なめ

「iOSアプリ版Googleドキュメント」はルーラー(目盛り)が使えないなど、機能は若干少なめです。

とはいっても「文字を打ち込む、箇条書き、文字の大きさを変える、文字を太くする」など基本的なことは問題なくできます。

ブラウザ版 Googleドキュメントの特徴

【iPad】ブラウザ版Googleドキュメント
  • 無料で使える!
  • オフライン編集はできない
  • データはGoogleドライブに自動保存
  • 機能はiOSアプリ版に比べ充実している

「ブラウザ版 Googleドキュメント」は機能が充実しているため、かなり本格的な文書作成ができます。ただし、オフラインでの編集ができません

iPadで「Googleドキュメント」を使うという場合は、機能が充実した「ブラウザ版」と、オフラインでも使用できる「iOSアプリ版」の使い分けがおすすめです!

iPadで【ブラウザ版】Googleドキュメントを利用する方法

Googleドキュメントで検索
「Google Docs:無料のオンライン ドキュメント…」をタップ
「ドキュメントに移動」をタップ

「アプリ版 Gooogleドキュメント」が立ち上がってしまう場合は、「ドキュメントに移動」を長押し→「新しいタブで開く」をタップすると、ブラウザ版を開くことができます。

「ドキュメントに移動」をタップしても同じ画面が表示される場合は、おそらくモバイルサイトが読み込まれている状態です。「PC版をサイトをリクエスト」をしましょう!

Googleアカウントでログインする

ログインが完了すると、

こんな感じで、ブラウザ版のGoogleドキュメントが利用できます。

こちらの URL「https://docs.google.com/」からブラウザ版Googleドキュメントにアクセスできます。

Pages

Pages

PagesはiPadに最初からインストールされている文書作成アプリです。削除してしまった場合は、App Storeから再ダウンロードできます。

Pagesの特徴

Pages編集画面
Pages編集画面
  • 無料で利用できる
  • オフラインでも使用可能
  • iCloudや本体ストレージにデータを自動保存
  • iCloudに保存したデータはiPhoneやMacでも共有・編集ができる
  • 機能の充実度はアプリ版Googleドキュメントと同程度

Pagesの機能は基本的に「アプリ版Googleドキュメント」とほとんど変わりません。ただし、Pagesにはルーラー機能がついているため、より綺麗で見やすい文書を作ることができます。

無料で使えるもので十分?

基本的に無料で利用できるもので十分です。理由としては、

  1. 機能に大きな差があるわけではない。
  2. 文書は容量をそこまで消費しない。

という点が挙げられます。

機能の差は…

機能が充実している順に並べて見ると、下のようになります。(あくまで個人的な見解)

1位ブラウザ版 Googleドキュメント(無料)
iOSアプリ版 Word 「Microsoft 365」(有料)
2位Web版 Word(無料)
3位Pages(無料)
4位iOSアプリ版 Googleドキュメント(無料)
5位iOSアプリ版 Word 「無料版」

文書はあまり容量を消費しない?

基本的に、文書はそこまで容量を消費しません。

そのため、無料で利用できる容量「Googleドライブ(15GB)・OneDrive(5GB)・iCloud(5GB)」でも十分足ります。

また、保存されたデータは他の場所に移動させることもできるため、容量面の心配は必要ありません。

まとめ

iPadの文書作成ツールは、無料で利用できるものでも十分に使えます。

本格的な文書の作成なら、「ブラウザ版 Googleドキュメント」「Web版 Word」がおすすめ!

下書きや考えをまとめる程度のライトな使い方なら、「Pages」「iOSアプリ版 Googleドキュメント」がオフライン編集もできておすすめ!