ネットで気になる記事をもう一度見たい、後でじっくり読みたい。そんな時は「Pocket」がおすすめ。

Pocketは、ネット上にある記事を保存することができるサービスです。

例えば、一度読んだ記事をもう一回見たいけど、どんな検索をしたか、どんな記事だったか探し出せないなんてことありますよね?

これを解決してくれるのが 「Pocket」というわけです。

気になった記事をPocketに保存しておけば、いつでもその記事を読み直すことができます。

Pocketの特徴

気になる記事を保存するのであれば、SafariやGoogle Chromeなどのブラウザにある機能「ブックマーク」や「リーディングリスト」を活用することでも可能です。

なのに、なぜ 「Pocket」をおすすめするのか?

それは、Pocketの機能を見てもらえればと思います。

主なPocketの機能
  • 記事の保存
  • 保存した記事を見つけるための検索機能
  • 記事にタグを付けて管理
  • 記事ビューとウェブビューの切り替え
  • オフラインでも読める
  • 記事の音声読み上げ機能

Pocketは、ただ単に記事や記事のURLを保存するだけのサービスではありません。上記の機能以外にもたくさん機能があり、ユーザーが使いやすく、より記事の読みやすい優秀なサービスになっています。

記事ビューとウェブビューとは

記事ビュー
ウェブビュー

Pocketに保存した記事は「記事ビュー」という形で保存されます。記事ビューではシンプルなレイアウトで読みやすくなるだけでなく、オフラインで記事を読むことも可能です。

記事ビューになっているものを「ウェブビュー」に切り替えて、本来の記事と同じようにして読むこともできます。しかし、その場合はオンライン状態でないとダメです。

無料版と有料版の違い

Pocketには無料版と有料版(Premium)があります。

Premiumでは、

  1. 永久保存のライブラリを構築
  2. 広告のなし
  3. 全文検索機能
  4. おすすめタグの表示
  5. 記事中のハイライトが無制限
  6. Premium専用のフォントが使える

といった感じで、無料版より使いやすくなります。

①永久保存のライブラリを構築

無料版では、保存したページがインターネット上で削除されてしまうと見ることができません。しかし、有料版ではページが削除されたとしても、Pocketにコピーしたものを残すことができます。

②広告なし

無料版では、記事一覧に広告表示されることがありますが、有料版にすることで、広告表示がなくなります。

③全文検索機能

保存した記事がたくさんある場合は、見つけ出すのが大変になるため、検索機能を使うこともあると思います。

記事を検索する際、無料版では記事のタイトルもしくは、URLの検索にしか対応していません。Premiumでは記事の内容などのキーワードにも対応しています。

④おすすめタグの表示

Pocketは記事を追加する際に、タグを付けて管理することが可能です。

Premiumでは、記事の追加時におすすめタグを表示してくれる機能があります。これによってタグの管理が簡単になり、保存した記事の整理に役立ちます。

⑤記事中のハイライトが無制限

Pocketでは、記事中の気になる箇所に線(ハイライト)を引くことができます。無料版では1記事に3つまでなのに対して、Premiumでは無制限に引くことが可能です。

⑥Premium専用のフォント

Pocketには記事の文字(フォント)変更を機能があり、無料版のフォントは2種類となっています。一方で、有料版は無料版の2+8種類のフォントから好みのものを選択することが可能です。

Pocketの使い方

Pocketは、Webページもしくはモバイルアプリから利用できます。スマホやタブレットの場合は、Pocketのアプリをダウンロードするのがおすすめです。

アカウント登録

Pocketを使うためには、アカウント登録が必要になります。アカウント登録は無料です。AppleやGoogleアカウントを持っている場合は、そちらを使って登録するとスムーズできます。

Pocketアカウント登録画面

アカウント作成ができたら、すぐに利用開始できます。

Pocketに追加した記事は、アカウント単位で保存されます。そのため、例えばパソコンでPocketに保存した記事でも、同じアカウントであればスマホからでも見ることができます。

記事の保存(追加)方法

Pocketに記事を追加するにはどうすればいいか?

まず、追加したい記事に「Pocketボタン」があるか確認してください。

記事中のPocketボタン

「Pocketボタン」がある場合、ログインさえしておけば、ボタンを押すだけで記事を追加できます。

記事中にPocketボタンがない場合、ブラウザの「共有」から「Pocket」を選択することで、記事の追加ができます。

タグ付け

Pocketに記事を保存した際、タグを付けることができます。タグは後からを付けることも可能です。

タグ付けしておけば、保存した記事が増えたときに探すのが楽になります。

保存した記事を見る

Pocketを開くと、保存した記事の一覧「マイリスト」が、上記画像のように表示されます。タグを付けていれば、同じタグをつけた記事だけを表示することが可能です。

保存した記事をタップすると、記事ビューで読み始めることができます。

まとめ

  • 気になった記事をPocketに保存することで、もう一度読み返すときに役立つ
  • Pocketの機能「記事ビュー」で、記事が非常に読みやすくなる
  • 無料版でも十分に使える
  • Pocketに保存した記事はタグ付けすることで、記事を整理して管理できる

「Pocket」が気になったという方は、使ってみてください。

Pocket

Pocket

Read It Later, Inc無料posted withアプリーチ