【OPPO】Androidタブレット「OPPO Pad Air」を発売!スペックや価格は?

出典:OPPO|オウガ・ジャパン

中国の大手スマホメーカーOPPOは、2022年9月30日から、日本市場では初となるタブレット端末「OPPO Pad Air」の発売を開始しました。

「OPPO Pad Air」とはどんな感じの端末なのか?

ざっくりとまとめると、「軽量薄型のスタイリッシュなデザイン」「高画質&サウンドシステムも上等」「そこそこの性能で低価格」が特徴のタブレット端末になります。

スペック・仕様

画面サイズ10.3インチ
本体サイズ約245.1×154.8×6.9 mm
重量440g
カラーナイトグレー
OSColorOS 12(based on Android 12)
チップセットQualcomm Snapdragon680
メモリ(RAM)4GB(+3GB)
※ROMの一部を使用してRAMを拡張できる
ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSDXC (最大512GB)
ディスプレイIPS方式
画素数:2000×1200
色深度:10bit(最大10億7000万色)
リフレッシュレート:60Hz
色域:NTSC 71%
輝度:最大360nit
カメラ背面:約800万画素(F値 2.0)
前面:約500万画素(F値 2.2)
サウンドシステムクアッドステレオスピーカー(Dolby Atmos対応)
バッテリー7100mAh(27.47Wh)
PD2.0・QC2.0の急速充電に対応(最大18W)
Wi-Fi 6非対応
BluetoothVer.5.1
オーディオコーディック:SBC,AAC,aptX,aptX HD,LDAC
コネクタUSB TypeーC(USB 2.0)
生体認証顔認証
OPPO Pad Air スペック表

画面サイズ

画面サイズは10.3インチ

8mmの狭額縁ベゼルを採用しているため、画面占有率が高くなっています。

サイズと重量

本体サイズは、高さ:245.1mm、幅:154.8mm、厚さ:6.9mmになります。

厚さ6.9mmは、iPadシリーズと比較してみても、遜色ないレベルで薄型です。※iPad(第9世代)=7.5mm、iPad Air(第5世代)=6.1mm

また、重量は約440gとかなり軽量です。※iPad(第9世代)=487g、iPad Air(第5世代)=461g

OS

OSは「Android 12」をベースにOPPOが独自カスタマイズしたOS「ColorOS 12」を採用。

ColorOSは、Android端末を利用したことがある方であれば、あまり違和感もなく利用できると思います。

ただし、iOSやiPad OSのように「設定や操作がシンプルで分かりやすい」とまでは言えないため、普段からiPhoneやiPadを利用されている方は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

チップセット(SoC)

Qualcommの「Snapdragon680」を搭載で、ミドルレンジの性能になります。

高いスペックが要求される3Dゲームなどを快適に利用するのはやや厳しく、基本的には「動画視聴・ブラウジング・軽めのゲーム」などのライトな使い方が中心になるでしょう。

Snapdragon性能
800番台/8/8+ハイエンド
700番台/7ミドルハイレンジ
600番台/6 ミドルレンジ
400番台/4ローエンド

※表はあくまで目安です。例えば600番台でも最新のものであれば、700番台よりも高性能という場合もあります。

メモリ(RAM)

メモリ(RAM)は4GBとミドルレンジの端末としては平均的です。

ただOPPO Pad Airには、ストレージ(ROM)の一部を使用してメモリ(RAM)を拡張できる機能があり、最大3GBを拡張できます。

もちろん、この拡張機能での反応速度はRAMと同じというわけではありません。

しかし、タブレット端末ではアプリの同時使用など、メモリの使用率が高くなるような使い方も多いため、意味のある機能になっていると言えます。

ストレージ(ROM)

内部メモリストレージ(ROM)は64GBのみになります。

128GBや256GBといった選択肢はありませんが、外部ストレージ(SDカード)の利用が可能です。

SDカードは、microSDXCの512GBにまで対応しています。

ディスプレイ

  • 液晶パネルは視野角による画面の明るさや色の変化が少ないIPS方式
  • 解像度2000×1200240万画素
  • リフレッシュレートは60Hz(画面が1秒間に最大60回更新される)
  • 色域はNTSC 71%(=sRGBカバー率ほぼ100%)
  • 画面の明るさを表す輝度は最大360nit

と、この辺はミドルレンジとして平均的です。

HD1280×720約92万画素
FHD1920×1080約210万画素
WQHD2560×1440約370万画素
4k3840×2160約830万画素
解像度と画素数

しかし、ディスプレイで表示可能な色の数を表す色深度は、10bit最大10万7000万色)とハイエンドに匹敵もしくは、それ以上と言ってもいいでしょう。

ちなみに、ハイエンドタブレットの代表格である「iPadシリーズ」や「GALAXY Tab Sシリーズ」では、8bit(最大1677万色)となっています。

もちろん、画面が綺麗に見えるのには、色深度以外にも画素数や色域の広さなど複数の要素があるわけですが、OPPO Pad Airのディスプレイは結構いい仕上がりになっていると言えます。

カメラ

カメラは、約800万画素のアウトカメラ約500万画素のフロントカメラで、必要最低限といったところでしょうか。

そもそもタブレット端末で写真を撮る機会というのは多くないでしょうし、この辺はしっかりコストカットされている感じです。

サウンドシステム

Dolby Atmos対応のクアッドステレオスピーカーを搭載。

設定からDolby Atmosをオンにすることで、没入感・臨場感のある音を味わうことができます。

バッテリー

バッテリー容量は公称値で7100mAh (27.47Wh)、「USB PD2.0」と「Qualcomm QC2.0」での急速充電に対応しており、最大18Wで充電可能です。

スマホよりバッテリーが大容量なので、スマホと同程度の最大18Wでの充電では、充電時間が190分とやや長くなっています。

同封品にケーブルや充電器は付属していません。

価格

OPPO公式オンラインストアでは、以下の価格となっている。

本体価格3万7800円(税込)
純正カバー2680円(税込)
純正ガラスフィルム1980円(税込)

初期限定の純正カバーセットは、本体価格と同じ3万7800円(税込)とお得になっています。

まとめ

OPPO Pad Airは、ディスプレイが優秀で、一部ハイスペック端末にも劣らない仕様になっています。

ですが、基本的にはミドルレンジ帯の端末なので、「ブラウジング動画視聴軽めのゲーム」など、比較的ライトな使い方が最適です。

タブレット持ってない方は、動画視聴やブラウジング用に1台あると重宝すると思います。

OPPO
¥34,364 (2022/11/29 08:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

充電器やケーブルは同封されていないので、お持ちでない方はお忘れなく!

Anker
¥3,290 (2022/11/26 20:13時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
Anker
¥990 (2022/11/23 20:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場