【iPad mini(第6世代)】mini6が発表!前世代から大幅なアップグレードとなる。

2021年9月15日のAppleイベントにおいて、新製品の発表がありました。その中で、iPadは

  • iPad(第9世代)
  • iPad mini(第6世代)

が発表されました。

iPad miniは2019年の春に発表されて以来の新製品発表となりました。今回の目玉の1つと言っていいでしょう。

そんなiPad mini(第6世代)の強化された点、スペック、評価についてまとめていきたいと思います。

強化された点

iPad miniは約2年半ぶりの新機種となるので、かなりのアップグレードになりました!

Appleイベント内で強調されていたのは下記。

  • デザインの刷新(カラー・画面サイズ・トップボタンでのTouch IDなど)
  • パフォーマンスの向上(A15Bionic)
  • コネクタ(USB-Cポート)
  • 5G対応
  • カメラ・オーディオ
  • Apple Pencil(第2世代)に対応

それぞれ詳しく見ていく。

デザイン

パッと見てわかるように、デザインがまるっきり変わった。本体サイズ自体はほとんど変わりないが、ホームボタンが廃止されてスリムなベゼル(画面のフチ)となり、その結果画面サイズは7.9インチから8.3インチと大きくなっている

ホームボタンにあった指紋認証「Touch ID」は、Air4と同じようにトップボタンについている。

また、カラーは「パープル・ピンク・スターライト・スペイスグレイ」と多彩でも新色も登場している。

パフォーマンスの向上

A12 BionicからA15 Bionicチップへと強化。

CPUは40%、GPUが80%高速になり、さらにNeural Engineのパフォーマンスも2倍向上。

コネクタ

LightningからUSB-Cになった。USB-Cではデータ転送が最大10倍早くなる。

5G対応

iPad miniはiPadの中で最も携帯性に優れるモデルとなっているので、その良さを生かすには、外出時の高速な通信が重要となる。そのため5G対応に対応となっている。

カメラ

フロントカメラとバックカメラの両方が強化。

バックカメラはFocus Pixels対応の12MPのセンサーより明るい絞り値(f1.8)を採用している。また、明るさが足りないところでも綺麗な撮影できるように、True Toneフラッシュが搭載されている。4K撮影も可能。

フロントカメラは、12PMの超広角カメラで、センターフレームに対応。

センターフレームは、人を自動的に検出し、動き回ったり参加者が増えたりした際に、動的にフレームを調整することで、ビデオ通話をより魅力的なものにする機能で、縦向き・横向き関係なく使える。

オーディオ

横向き画面でステレオに対応したオーディオシステム。

iPadの上部と下部のそれぞれスピーカーがあるので、横向きにしても左右から均等に音が聞こえる。

アクセサリー

Smart Folioカバーも新しくなり新カラーと共に登場。

また、Apple Pencilは第2世代に対応となる。

スペック

iPad mini(第6世代)iPad Air4iPad mini(第5世代)
画面サイズ8.3インチ10.9インチ7.9インチ
チップA15 BionicA14 BionicA12 Bionic
重量
(Wi-Fi)
(Wi-Fi+Cellular)
293g
297g
458 g
460 g
300.5g
308.2g
本体サイズ高さ:195.4mm
幅:134.8mm
厚み:6.3mm
高さ:247.6 mm
幅:178.5 mm
厚み:6.1 mm
高さ:203.2mm
幅:134.8mm
厚み:6.1mm
カラースペースグレイ
ピンク
パープル
スターライト
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
容量 64GB
256GB
64GB
256GB
64GB
256GB
カメラ12MP広角カメラ
True Toneフラッシュ
12MP超広角フロントカメラ
12MP広角カメラ
7MPFaceTime HDカメラ
8MP広角カメラ
7MP FaceTime HDカメラ
コネクタUSB Type-CUSB Type-CLightning
Apple Pencil第2世代第2世代第1世代
Touch IDトップボタントップボタンホームボタン
5G対応非対応非対応
Wi-Fi6
(IEEE 802.11ax)
対応対応非対応
価格(税込)Wi-Fi
64GB:59,800円
256GB:77,800円

Wi-Fi+Cellular
64GB:77,800円
256GB:95,800円
Wi-Fi
64GB:69,080円
  256GB:87,780円

Wi-Fi+Cellular
64GB:85,580円
256GB:104,280円
Wi-Fi
64GB:50,380円
256GB:69,080円

Wi-Fi+Cellular
64GB:66,880円
256GB:85,580円
iPad mini6・Air4・mini5 スペック比較

評価は…。

今回のiPad mini(第6世代)への刷新は、昨年のiPad Air3から4へのアップグレード時と似たようなの内容となっています。Air3→4での値上げは+8800円の値上げでしたが、今回のiPad mini5から6へのアップグレードでは、+9,000円〜10,000円程度の値上げになっています。

A15チップ搭載、カメラの向上、5G対応などで、Air4よりも優れたものとなっているので値上げ率は少しだけ高くなっていると思われますが、価格面は申し分ないでしょう。

ただ欲を言えば、*Promotionテクノロジーは搭載して欲しかったかなとは思います。

*Promotionテクノロジーとは、iPad Proにある機能で、リフレッシュレートが最大120GHzになることにより、画面の動きがより滑らかになるというものです。

まとめ

約2年半ぶりの新モデルとなったiPad mini(第6世代)は、前世代から

  • デザインの刷新
  • チップの強化
  • カメラ・オーディオの強化
  • USB-C対応
  • 5G対応

など、大幅なアップグレードとなった。

同じ価格帯のiPad Air4と比べても、チップとカメラが強化されている。また、iPad miniはその携帯性が魅力の機種で、それを活かせるように5G対応となっている。わりと使用者が限定されるモデルではありますが、今回のAppleイベントで1番のおすすめ製品と言えます。