【最新】iPad(第9世代)発表!!2021年9月15日のAppleイベントで語られた強化点やスペックのまとめ。

日本時間で2021年9月15日午前2時〜のAppleイベントで発表された新製品は以下。

  • iPad
    • iPad(第9世代)
    • iPad mini(第6世代)
  • Apple Watch series 7
  • iPhone13シリーズ
    • iPhone13
    • iPhone13 mini
    • iPhone13 Pro
    • iPhone13 Pro MAX

この記事では、新しくなったiPad(第9世代)まとめていく。

iPad(第9世代)の強化された点

出典:Apple公式

iPadシリーズで最も人気のあるiPadが強化され第9世代へ!イベント内で特に強調されていたのは、以下の4点。

  • A13 Bionicチップを搭載
  • カメラがアップグレード「センターフレーム
  • True Tone
  • ストレージが64GB

A12→A13 Bionicチップへ

「A13 Bionic」は昨年のiPad(第8世代)に搭載されたA12 Bionicよりも、あらゆる面でパフォーマンスが20%高速になるとのこと。

メッセージの受信やwebサイトの閲覧などの日常の使用から、高品質なゲームまでプレイ可能で、より高度なアプリを使用しても余力があるほどの性能になっているそうだ。

カメラがより良く

A13のアップグレードされた画像信号プロセッサーによって、「背面カメラ」では明るさの足りない場所でのオートフォーカス機能が向上し、素晴らしい写真を撮ることができる。また「フロントカメラ」ではより良いセルフィーが撮れる。

フロントカメラは12MPの超広角カメラになり、画像が飛躍的に良くなり、iPad Proでも人気の機能「センターフレーム」に対応。

センターフレームは、人を自動的に検出し、動き回ったり参加者が増えたりした際に、動的にフレームを調整することで、ビデオ通話をより魅力的なものにする機能で、縦向き・横向き関係なく使えます。

True Tone

True Toneは、色が一貫して見えるように、周りの環境光に応じてディスプレイを調整するという機能です。すでにiPhoneなどに備わっている機能ですが、iPad 無印には初めて搭載される機能になります。

ストレージが64GBと256GBに

旧モデルのiPad(第8世代)のストレージは32GBと128GBでしたが、新しくなったiPad(第9世代)では、ストレージ64GB256GBとなってる。

以上が主な強化点となります。

iPad(第9世代)のスペック

iPad第9世代第8世代
画面サイズ10.2インチ10.2インチ
チップA13 BionicA12 Bionic
重量Wi-Fi:487 g
Wi-Fi+Cellulaur:498 g
Wi-Fi:490 g
Wi-Fi+Cellulaur:495 g
本体サイズ高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚み:7.5 mm
高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚み:7.5 mm
カラーシルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
容量64GB
256GB
32GB
128GB
カメラ8MP広角カメラ
12MP超広角フロントカメラ
8MP広角カメラ
1.2MPFaceTime HDカメラ
コネクタLightningLightning
Apple Pencil第1世代第1世代
Smart Keyboard対応対応
5G非対応非対応
Wi-Fi 6非対応非対応
価格(税込)Wi-Fi
64GB:39,800円
256GB:57,800円

Wi-Fi+Cellular
64GB:56,800円
256GB:74,800円
Wi-Fi
32GB:38,280円
128GB:49,280円

Wi-Fi+Cellular
32GB:54,780円
128GB:65,780円
iPad 第9世代 第8世代 スペック比較

イベントで発表された点以外には、特に大きな変更点はなく、10,2インチのデイスプレイと指紋認証付きのホームボタンは健在。コネクタもLightningで変更はありません。

iPad Airとの差別化という意味でも、「Lightning→USB Type-C」「スリムベゼル」「フルラミネーションディスプレイ」などへの変更は、無印のiPadでは、しばらくお預けではないかと考えられる。

iPad(第9世代)の評価は…

前回のiPad第7世代から第8世代へのグレードアップと比較すると、今回の第9世代へのグレードアップでは強化点も少し増え、「なかなか良い」といった印象です。

特にストレージの32GBの改善を望んでいる人も多かったと思います。そんな中、ストレージ構成が64GB〜となったので、iPadの購入で容量に不安を覚えることはなさそうです。ただ、128GBが無くなって残念な人もいるかもしれませんね…。

価格は、64GBのWi-Fiモデルが39,800円(税込)・Wi-Fi+Cellularモデルが56,800円(税込)となっており、第8世代から2000円程度の値上がりです。256GBのWi-Fiモデルは57,800円(税込)・Wi-Fi+Cellularモデルが74,800円(税込)で、こちらは第8世代から9000円程度の値上がりとなっています。

「32GB→64GB・128GB→256GB」というように容量が増えた分、価格も上がっています。しかしながら、A13 Bionicチップなどを考慮すると、「コストパフォーマンスは非常にいい」と思います。特に64GBは、価格的に買いやすいんじゃないでしょうか。

256GBもお得ではあることに間違はいないです。ただ、5万を超えてくるとなると、「128GBで値段を抑えたモデルが良かったのかな」とも思います。そもそも、256GBが必要なくらいiPadを使うのであれば、AirやProなども検討するでしょうし…。

まとめ

iPad(第9世代)の変更点は、

  • A13 Bionicチップの強化
  • フロントカメラの強化
  • True Toneディスプレイ
  • ストレージの強化

この4点です。値段は少しばかり高くなりましたが、上記の変更点を考えると、許容範囲でしょう。

個人的には、最低ストレージが32GB→64GBとなったことが大きな変更点だと思います。容量の不安もなくなり、ますますiPadの普及が進むと思います。