【iPad】Wi-Fiモデルとセルラーモデルどっちを選ぶ?

iPadには【Wi-Fiモデル】【Wi-Fi+Cellularモデル】の2種類があります。

Wi-Fiモデル

Wi-Fi接続することで、インターネットが利用できる。

Wi-Fi+Cellularモデル

スマホと同じで、Wi-Fi接続もしくはモバイルデータ通信をすることでインターネットに接続できる。(*以セルラーモデルと表記)

それぞれの「特徴」や「どういった場合にどちらがオススメなのか」などについて解説していきます。

家の中で使用する場合

iPadを使うのは家の中だけというのなら【Wi-Fiモデル】で特に問題ないでしょう。もちろん「家の中にインターネットが開通していてWi-Fiルーターの設置もできている」という前提で。

Wi-Fiモデルでいいと言う理由は、単純にセルラーモデルよりWi-Fiモデルの方が安いためです。iPadをWi-Fi接続のみで使用するのなら、わざわざ価格の高いセルラーモデルにする必要は全くないと言えます。

Wi-Fiモデル/セルラーモデル価格差
  • 無印 / mini / Air
    16,500円
  • Pro 11インチ / Pro 12.9インチ
    18,000円

外出先で使用する場合

iPadを外出先で使用する際にオンライン状態が必要となる場合は、Wi-Fiモデル・セルラーモデルの両方が選択肢となります。

外出先でも使うなら、スマホのようにモバイルデータ通信のできるセルラーモデルがいいんじゃない?と思うかもしれませんが、Wi-Fiモデルでも「テザリング」や「モバイルルーター」を使えば、外出先でネット接続が可能です。

Wi-Fiモデルは「テザリング」または「モバイルルーターを、セルラーモデルはSIMカード/eSIMを利用しオンライン状態を作ることができる。

  • Wi-Fiモデル ⇨ テザリングを使用
  • Wi-Fiモデル ⇨ モバイルルーターを使用
  • セルラーモデル ⇨ SIM利用

それぞれのメリット・デメリットをみていく。

テザリング

テザリング … スマホをモデムの代わりとして使うことで、パソコンやタブレットをインターネット接続する方法です。ほとんどのスマホはこのテザリング機能がついています。

  • 電波とスマホがあれば使える
  • スマホのデータ利用量を消費する
  • スマホのバッテリーを消費する

テザリングを利用するとデータ利用の料金(スマホのデータ利用量が消費される)がかかりますが、それ以外にも携帯電話会社や契約によっては別途料金が必要なこともあります。ただ、ここ最近はテザリング利用は無料(別途料金はいらない)という場合が増えており、手軽に使えるようになっている。

テザリングには、Wi-Fi・USB・Bluetoothの3つの接続方法があります。iPadを接続する場合は基本的に「 Wi-Fiテザリング」か、「 Bluetoothテザリング」を使用します。

Wi-Fiテザリング Bluetoothテザリング
メリットBluetoothテザリングに比べ、
通信速度が速い。
電力消費は少ない
デメリット電力消費が多い通信速度が遅い。

Wi-FiモデルのiPadをテザリングで使う場合、どんな人に向いてるか?

外出先でインターネットをあまり使わない(使用頻度が低く、データ利用量も少なめ)という人にオススメだ。

ポケットWi-Fiやセルラーモデルにするとなると、スマホ代以外にも料金が発生してきます。お使いのスマホの契約内容にもよりますが、データ利用量が少なければ、テザリングは最もコスパがいいという場合が多いです。

モバイルWi-Fiルーター

  • 選択肢が多い。(月額料金・通信速度など)
  • テザリングのように、スマホの充電・データ利用量を気にしなくてもいい。
  • 契約が複雑で分かりにくいものが多い
  • 持ち運ぶ必要がある
  • バッテリーが切れると使えない

モバイルルーターは外出先でインターネットをがっつり使う(データ利用量が多い)という人におすすめ!

ただ、契約が複雑で分かりにくいものも多い。月額料金が徐々に上がっていったり、解約時の違約金が高かったり、月額料金は安いが通信速度が遅かったり…などと、非常にややこしい。。。苦手な方はやめておくほうが無難かもしれません。

セルラーモデル(SIM利用)

  • すぐにネット接続ができる。
  • テザリングを設定したり、ポケットWi-Fiを持つ必要がない。
  • Wi-Fiモデルより本体価格が高い。

モバイルルーターと同様に、外出先でもインターネットをがっつり使う(データ利用量が多い)という人におすすめ!

セルラーモデルでSIM利用と、Wi-Fiモデルでモバイルルーター利用では、総合的に見てセルラーモデルのほうが月額料金は少し安いといった印象。ただ、上記でも書いてるように、セルラーモデルはWi-Fiモデルに比べ価格が高い。無印 / Air / miniは16,500円、Proは18,000円の差です。

コスパで言うと、どちらも似たり寄ったり。

選ぶポイントとしては「セルラーモデルであれば、モバイルルーターを持ち運ばなくてもいい」「モバイルルーターであれば、スマホも接続してスマホのデータ通信量を減らす」など、使い勝手の部分になってくるかと思います。

セルラーモデルはAmazonで買えない!

Wi-FiモデルのiPadは、Appleストア・家電量販店・Amazonなど実店舗でもオンラインでも買えます。ただ、 セルラーモデルはAmazonでは買えません。また、家電量販店では店舗によって取り扱いがないこともあります。

セルラーモデルをお求めの場合は、実店舗・オンラインともに「Appleストア」「キャリア(ドコモやソフトバンクなど)」が確実です。

まとめ

iPadをどこで使うのかで、おすすめのモデルが変わってきます。

  1. 家で使う場合
    • Wi-Fiモデル
  2. 外出先でたまに使う場合
    • Wi-Fiモデルでテザリングの利用
  3. 外出先でがっつり使う場合
    • セルラーモデル
    • Wi-Fiモデルでモバイルルーターを利用

上記ような選び方が個人的にはおすすめです。

Wi-Fiモデルで(テザリング・モバイルルーター)を使うにしても、セルラーモデルを使うにしても、それぞれのメリットやデメリットをしっかりと考慮しよう!