【iPad第8世代】新しくなった無印iPadは何が変わった?Airやproとの違いは…

iPad

この記事では、以下についてまとめています。

  • iPad無印(第8世代)の強化された点
  • iPad無印(第8世代)とその他のiPad(Air/pro)との違い
  • iPad無印がオススメな人
スポンサーリンク

iPad無印(第7世代)からの進化はチップのみ

出典:Apple公式サイト

 iPad(第7世代)iPad(第8世代)
画面サイズ10,2インチ10,2インチ
高さ250,6mm250,6mm
174,1mm174,1mm
厚さ7,5mm7,5mm
チップA10 FusionA12Bionic
重量(Wi-Fiモデル)483g490g
重量(セルラーモデル)493g495g
容量32GB/128GB32GB/128GB
主な変更点はチップが「A10Fusion」から「A12 Bionic」へとなったことです。
iPad 第7世代
A10 Fusionチップ(iphone7と同じ)
A10 FusionはiPhone7に搭載されているチップで、2016年秋、約4年前に発表されたもので、性能自体は悪くないです。しかし、時代も進んで新しいチップも登場したことで、今回お役御免となったようです。
 
iPad 第8世代
A12 BionicチップiPhone XR/XS/XS Max/iPad mini/Air3と同じ)

新型 iPad(第8世代)に搭載されたA12 Bionicは、iPhone XR/XS/XS MaxやiPad mini/Air(第3世代)に搭載されているチップで、2018年秋、約2年前に発表されたものです。性能は「A10 Fusion」より格段に良くなってます。

他に変わった点は、若干「重量が増えた」くらいでしょうか。重くなったと言っても数g程度なんで体感差はほぼないと思います。この違いがわかる人はたぶん変態です。(笑)

強化された点はチップのみで一見しょぼく見えますしかし、値段は変化していないので、単純に性能が上がってコスパが良くなっています

スポンサーリンク

iPad(第8世代)とその他のiPadとの違い

無印ipadとその他iPadとの違いは

  • サイズ
  • チップ
  • カメラ
  • ディスプレイ
  • コネクタ

など多々あります。

サイズ

まず、サイズですが「iPad無印」はiPadで最も厚み」があります。

iPad種類iPad無印Air/minipro
厚さ7,5mm6,1mm5,9mm

厚さの違いは1,5mm程度。すでに「Air」や「pro」を使っている人には厚く感じるかもしれませんが、7,5mmも相当薄いです。

個人的には厚さはほとんど気になりませんむしろ、「Air」や「pro」が薄すぎて不安になるレベルです。(笑)

ディスプレイ

iPad無印と他のiPadを比べると「ディスプレイの差」は多いです。


出典:Apple公式サイト

  • 画面のフチ(ベゼル)

「iPad無印」にはホームボタンがあり画面のフチ(ベゼル)が大きいです。

反対に、「iPad pro」や「新型iPad Air4」はホームボタンがなく、画面のフチ(ベゼル)は非常に狭く作られています。

画面のフチ(ベゼル)が狭くなることで、画面占有率(本体の大きさに対しての画面サイズ)が上がり、見た目もすっきりとしてスタイリッシュに見えます。

  • promotionテクノロジー

promotionテクノロジーはリフレッシュレートが最大120GHzに設定できるという「iPad Pro」に搭載されている機能です。

リフレッシュレートとは
1秒間に何回画面が更新・書き換え(リフレッシュ)されたかという値のことで、120GHzでは120回画面の更新・書き換えが行われています。この値が高いほど画面の動きが滑らかになります。

「iPad無印」ではこのリフレッシュレートは60GHz(120GHzに設定できない)なので、「画面の動きの滑らかさ」では劣ります。

  • フルラミネーションディスプレイ

フルラミネーションディスプレイでないiPad無印は液晶画面とカバーガラスの隙間が広いため、画面が少し奥まった感じがします。

一方で、他のiPadはフルラミネーションディスプレイを採用しているので、画面の奥まった感じが全くありません

  • 反射防止コーティング

「iPad無印」には画面の反射を抑えるコーティングがされていません。反対に、「iPad無印以外のiPad」反射防止コーティングがされています。

反射防止コーティングは「画面のギラつき(反射・写り込み)」を少しだけ抑えてくれます。しかし、完全に抑えてくれるという事ではないので、その効果は地味です…

  • 広色域ディスプレイ(P3)

「iPad無印以外」は広色域ディスプレイ(P3)が搭載されていて色の表現できる幅が広くなっている。

個人的には違いがわからないというのが正直な感想です。(笑)

  • True Toneディスプレイ

True Toneは周囲の環境光の状況に応じて画面の色合いを自動で調節して、目の負担を和らげる機能です。

「iPad無印」にはこの機能がついていません。

カメラ

「iPad無印」のカメラの性能は決していいとは言えません。

ですが、そもそもiPadよりスマホの方が軽くてコンパクトなため、写真や動画撮影には向いています。なので、カメラの性能をiPadに求めなくてもいいかと思います。

コネクタ

「iPad無印」はLightning端子、「pro/Air 4」はUSB Type-C端子となっている。

USB Type-Cは給電能力やデータ転送などにおいて、Lightningより優れた端子となっています。

スポンサーリンク

iPad無印は劣っている点は多いが許容範囲⁉︎

「iPad無印」は最も価格の抑えたエントリーモデルのiPadなので、もちろん他のiPadに比べると物足りない部分は多いです。

しかしながら、「pro」や「Air」でできる作業や使い方は、基本的にiPad無印でも行うことができます。なので、「pro」や「Air」に搭載されている機能は必ずしも必要とはならないです。

 

iPad無印は最低限快適に使える機種で、「pro」や「Air」はより快適に使える機種といった認識でいいと思います。

iPad(第8世代)はあらゆる人に最適

iPad(第8世代)はiPadの中で最も安いエントリーモデルであるため、コストを抑えたい人向きです。

大学生はもちろん中学生・高校生・iPadは初めてという方、あらゆる人にオススメできます。

 

iPadはスマホとパソコンのいいところを合わせたモノで、パソコンよりも手軽で簡単に使えて、スマホよりも大きな画面で見やすいのが特徴です。

そして、多様な使い方ができます。

  • メモ、ノートをとる
  • イラストを描く
  • 文書制作、表計算、プレゼン制作
  • ネットサーフィン
  • 読書
  • 動画の視聴
  • ゲーム

このような使い方を一つでもするなら、iPadはオススメです。

プレゼントとしてもオススメ!

iPad(第8世代)はプレゼントとしても非常に良いと思います。

子供の大学や高校の入学祝い、誕生日プレゼントなどとしても喜ばれること間違いないはずです。

また、コロナでこの時期なかなか会えない両親や祖父母とビデオ通話するためにiPadをプレゼントというのも素敵だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました