iPadに「Apple Pencil」以外の選択肢もあり?サードパーティ製品との差は…

iPadに文字を書いたり、絵を描いたりするツールとして、Apple純正製品「Apple Pencil」があります。

しかし、このApple Pencilって結構なお値段なんですよね…。

Apple Pencilの第1世代は11,880円、第2世代は15,950円(税込)と高額です。

※円安の影響で2022年7月〜、 第1世代は14,880円(税込)・第2世代は19,880円(税込)となっています。

そのため「他のスタイラスペン(サードパーティ製品)の購入を考えている」という人も多いかと思います。

そこで、この記事では「Apple Pencilそれ以外のスタイラスペンではどのような差があるのか」についてまとめています。

Apple Pencil(第1世代)

出典:Apple

サイズと重量

長さ175.7 mm
直径8.9 mm
重量20.7g

一般的なシャーペンやボールペンよりも長く、重量はずっしりと重たく感じます。

対応機種

iPad第6・7・8・910世代
mini第5世代
Air第3世代
Pro12.9インチ( 第1・2世代)
10.5インチ
9.7インチ

現在(2023年1月)販売中のiPadでは、iPad(第9世代)、iPad(第10世代)に対応

しばらくは「無印iPadにのみ対応」という形になると思われますが、今後数年のうちにiPad無印でも非対応(事実上の廃盤)となる可能性も大いにあります。

良い点

  • iPadに挿すだけでペアリングと充電ができる
  • 充電器からも充電できる
  • 筆圧と傾きを感知
  • 遅延が少ない

iPadに挿すだけで、充電&ペアリング

Apple Pencil(第1世代)は、ペン上部のマグネット式キャップを取り外すとLightningオス端子があり、これをiPadに差し込むことでペアリング充電することができます。

充電は充電器からでもOK

Apple Pencil(第1世代)の同封物に「Lightningアダプタ」(両方がLightningメス端子になっているアダプタ)があり、これを利用することで充電器から充電することも可能です。

筆圧・傾きを感知、遅延も少ない

筆圧・傾きの感知の機能によって、濃淡太さを自在に操ることが可能です。

また遅延も少なく、実際に紙に書(描)いているのと変わらない感じを味わえます。

イマイチな点

  • 価格が高い
  • ペンが丸いため転がる
  • キャップを無くしがち
  • 端子がLightning
  • 最新iPadで対応するのはiPad無印のみ
  • 数年後のiPad無印にも対応し続ける可能性は低い

Apple Pencil 第1世代の価格は、税込14,880円(2022年7月時点)と非常に高額なので、故障や紛失した場合の損失が…。

また、デザイン面のデメリットとして「ペンが転がってしまう」「キャップを紛失しやすい」の2点が挙げられます。

ただし、「Apple Pencilに取り付けるカバーやケース」などを使うことで、こういった問題は解決できます。

Apple Pencil(第2世代)

出典:Apple
¥19,077 (2023/02/01 19:27時点 | Amazon調べ)

サイズと重量

長さ166mm
直径8.9mm
重量20.7g

Apple Pencil(第1世代)より長さは少し短くなっていますが、一般的なボールペンなどと比べると少し長めです。

対応機種

mini6世代
Air第4・5世代
Pro 12.9インチ第3・4・5・6世代
Pro 11インチ第1・2・3・4世代

現在(2023年1月)販売中のiPadでは、mini(第6世代)Air(第5世代)Pro 12.9インチ(第6世代)Pro 11インチ(第4世代)に対応。

元々「Pro」にのみ対応していたApple Pencil(第2世代)が、「Air・mini」にも対応していったということを考慮すると、今後「無印iPad」にも対応していく可能性も…。

良い点

  • ワイヤレスで充電・ペアリングができる
  • マグネットでiPadに装着可能
  • ダブルタップでツールを素早く切り替えできる
  • ペンが転がらない
  • 筆圧・傾き感知、低遅延

磁力で装着、ワイヤレスで充電&ペアリング

Apple Pencil「第1世代」と「第2世代」の大きな違いは「ワイヤレス充電の有無」です。

第2世代はマグネット内蔵でiPadの側面にくっつけることができ、その状態でワイヤレス充電やペアリングが行われます。

また、磁石で装着しやすいようにペンの一部が平らになっているため、第1世代のようにペンが転がってしまうこともありません。

イマイチな点

  • 税込19,880円高い…。
  • 現状iPad無印では利用できない
  • iPad以外からの充電手段がない

第2世代は、第1世代から機能やデザインが向上し、欠点はほぼありません。

ただし、税込19,880円と非常に高額です。

iPad対応スタイラスペン(サードパーティー製)

対応機種

iPad第6・7・8・9・10世代
mini第5・6世代
Air第3・4・5世代
Pro11インチ(第1・2・3・4世代)
12.9インチ(第3・4・5・6世代)

基本的には、Apple Pencilに対応するiPad全て2018年以降のiPadに対応します。

また「全機種対応タイプ」の場合は、iPad以外にもスマホやパソコンでも利用可能です。

iPad専用タイプiPadにのみ対応
全機種対応タイプiPad以外にもiPhoneやAndroid・Windowsなど、ほぼ全てのスマホやタブレットに対応

良い点

  • 基本的にどのiPadでも利用可能
  • お手頃価格のものが多い
  • 文字を書く程度なら低価格帯でも問題なく使える
  • Apple Pencilと同様の機能が備わったものも

どのiPadでも利用可能

現在(2023年1月)iPadは、Apple Pencilの第1世代と第2世代のどちらにも対応している機種がありません。

そのため、以下のように機種変更をした場合、対応するApple Pencilを新たに購入する必要も出てきます。

iPad 無印
(第1世代に対応)
Air,mini,Pro
(第2世代に対応)

その点サードパーティ製のスタイラスペンは、Apple Pencilに対応するiPad(2018年以降に発売されたiPad)であれば、基本的に全て対応します。

お手頃価格で手に入る

サードパーティー製品はピンからキリまでありますが、価格帯としては3000円程度のものが多いです。

スタイラスペンを利用していると「落下が原因の故障」または、「紛失」ということが少なからずあるため、サードパーティ製のスタイラスペンは手を出しやすい価格かと思います。

文字を書くだけなら低価格帯でも問題なし

低価格帯のスタイラスペンであっても、文字を書いたときの遅延は非常に少ないです。

そのため、ノートやメモを取るなら何の問題もありません

文字を書くときは筆圧・傾き感知はあまり必要ない。

Apple Pencilと遜色ない機能が備わった製品も

現在(2023年1月)Apple Pencilと完全に同じ機能というサードパーティ製品はありませんが、

  • 磁石で装着
  • iPadからワイヤレスで充電
  • 傾きの感知
  • パームリジェクション(スタイラスペンで書いている時に、手指などが画面に触てもペン先のみを認識する機能)

など、かなりApple Pencilに近い機能を有するものもあります。

イマイチな点

  • iPadから充電ができない
  • 筆圧感知には対応していない

iPadから充電できない製品がほとんど

Apple PencilはiPadから直接充電が可能ですが、サードパーティー製のスタイラスペンは基本的にiPadからの充電できません

一部Apple Pencil(第2世代)と同様にワイヤレス充電対応のタイプもありますが、ほとんどは有線(USB Type-Cケーブル)で充電するタイプになります。

いざ充電がなくなったときに「iPadですぐに充電できる」というのは、意外と便利なんですよね…。

筆圧感知する機能がない

Apple Pencil以外の製品は、基本的に筆圧感知に対応していません。

筆圧感知は文字を書く場合あまり必要ありませんが、絵を描く場合には割と重要な機能になります。

まとめ

Apple Pencil(第1世代)がおすすめなのは…
  • iPad無印でイラストや絵を制作する人
Apple Pencil(第2世代)がおすすめなのは…
  • 機種変更しても,Air,mini,Proシリーズを継続的に利用していく予定の人
  • Air,mini,Proでイラストや絵を制作する人
サードパーティ製品がおすすめなのは…
  • 価格を抑えたい人
  • ノートやメモを取るだけの人(絵は描かない人)

機能的には「Apple Pencil」が最適

スタイラスペンの機能的には、Apple Pencilがベストな選択と言えます。

ただし、「高価格」と「第1世代と第2世代で対応機種が異なる」という点がネックになります。

使い方次第ではサードパーティ製品がおすすめ!

Apple Pencilのネックとなる2点を解決するのが、サードパーティ製品です。

もちろん機能はApple Pencilには及びませんが、使い方次第ではかなりおすすめな場合も。

特にノートやメモを取るだけであれば、筆圧や傾きの感知はあまり意味がないため、Apple Pencilよりもサードパーティ製品の方がコスト的にもおすすめです。

タブレット用タッチペンの売れ筋ランキングを見る