iPadのケースは必要?おすすめの素材や形は…




iPadのケースには種類がたくさんあって、ケースの材質や形によって向き不向きがあります。自分にぴったりiPadケースを見つけてみませんか。

というわけで、今回はiPadのケースについてまとめていこうと思います。

ケースって必要?

ケースは必要か?についてなんですが、絶対必要なモノではないです。

ケースを付けるとiPad本来の軽量さや薄さを体感できません。それが嫌いでケースは使わないという人もいます。

中には、iPadは消耗品なのでケースはしないという人もいるくらいです。

ケースの役割

  1. 落下時に衝撃からを守る
  2. えぐれ傷や擦り傷を防ぐ

❶はもちろんiPadが壊れないようにするためです。iPadはスマホと違い大きいので、落してしまうことは少ないと思いますが、ケースなしで落としてしまうと致命傷になりかねません。

本体の見た目を綺麗に保つため。細かな傷ならまだ許せたとしても、えぐれ傷なんか付いたらガン萎えっすよ…。

ケースがあった方がいい場合

  • 持ち運ぶ機会が多い
  • 傷をつけたくない

という場合はケースがあるのに越した事はないです。

ケースなしでもいい場合

  • あまり持ち運びしない
  • タブレットスタンドを使う
  • 傷が付いても気にならない

といった人はケースなしでも全然問題ないとかと思います。

ケースを選ぶ際の注意点

ケースに頑丈さを求めると、重くなったり・厚みのあるケースになります。

例えば「本体に付く細かい傷を防げればよい」という場合、超頑丈なケースなんて必要ないですよね?

という感じで、自分の使い方に合ったものを選ぶことが大事です!

ケースの素材

iPadケースの素材として代表的なもの

  • TPU(熱可塑性ポリウレタン)
  • PC(ポリカーボネート)
  • TPU+PC

それぞれの特徴を少し説明します。

TPU(熱可塑性ポリウレタン)

TPUはソフトケースの代表的な素材で柔らかさと硬さを兼ね備えています。

うまく言えないんですが、イメージとしてはタイヤのように硬いけど、しなやかさもあるといった感じです。

TPU製ケースには厚み薄いもの厚いものがあります。薄めのものは軽量で、厚めのものは少し重くなりますが、耐衝撃の安心感がある。

PC(ポリカーボネート)

PC(ポリカーボネート)はハードケースの代表的な素材で、とにかく硬くて強度があります。

特殊部隊の盾にも使われているそうです。

TPU製のケースより比較的薄くて軽い。しかしTPUのような柔軟性はありません。

TPU+PC

ケースの側面はTPU背面がPC(ポリカーボネート)でできたケースです。

TPUとPCを混ぜた素材ではないよー。

側面はしなやかさのあるTPUで着脱がしやすく、衝撃吸収もバッチリ。背面は薄くても強度のあるPC(ポリカーボネート)で軽量化されています。

iPadのケースのタイプ

  • 手帳型タイプ
  • シェルケースタイプ
  • スリーブケース

手帳型とシェルケースはiPadをケースに装着するタイプのケースで、スリーブケースはiPadを収納する入れ物です。

それぞれ特徴があり、どのような使い方をするかによっておすすめのタイプも変わってきます。

手帳型タイプ

iPadのケースでおそらく最も商品数の多いタイプ。

メリット
  • iPadの背面と画面をしっかりカバーできている
  • 画面カバーを折り畳んでスタンドにすることができる
  • 「画面カバーを開閉した際に自動で画面が自動でロック/ロック解除ができる」機能(オートスリープ)が使える
デメリット
  • 前面をカバーするため重くなりがち

iPadを全面しっかりカバーでき、スタンドにもなるオールマイティなケースなので、特にこだわりがないならこのタイプがいいと思います。

シェルケースタイプ

スマホでよく見かけるタイプで、背面と側面をしっかりと保護します。手帳型との違いである画面カバーの有無で機能

メリット
  • 手帳型に比べ軽い
デメリット
  • 画面カバーがない
  • スタンドがない
  • オートスリープ機能が使えない

ケースに機能性より重量を重視する人向け。「画面カバーの開閉が面倒な人」や「ケースは極力軽いほうがいい人」はこのタイプがおすすめです!

スリーブケース

スリーブケースはiPadにケースを装着して使うものではなく、持ち運びするときなどにiPadを収納する入れ物です。

カバーしていないiPadを入れてもいいですし、手帳型やシェルケースなどのケースを装着した状態のiPadを入れることもできます。

素材はフェルトやレザーなどがあり、おしゃれなものが多い。