iPadの最低ストレージは64GBへと変更。iPadの容量は何GBが最適なのか?

2021年9月15日のAppleイベントでiPadシリーズからは、

  • iPad(第9世代)
  • iPad mini(第6世代)

が新しく発表されました!

新しくなったiPadはいろいろと強化されているわけですが、その中でもiPad無印のストレージ構成が変更となったのは、特に大きな変化と言えます。

iPadを購入するときに何GBにしようか?というのは、正直なところ結構な悩みどころですよね。

そこで、この記事では「iPadを買う場合、最適な容量は何GBなのか」について解説しています。

iPad(第9世代)のストレージ構成が変更!

iPad 無印シリーズのストレージ容量は、長らく「32GB/128GB」という構成でしたが、新しく発売された無印シリーズのiPad(第9世代)では「64GB/256GB」の構成へと変更になっています。

「端末のストレージが大容量になっていく」というのはごく自然なことです。例えば、初期のiPhoneは容量が4GBとか8GBでしたが、最新のiPhoneでは128GB〜になっていますよね?

最近はクオリティーの高いアプリも多く、特にゲームなんかは1つのアプリで10GB程度を消費するものがある上、iPadOSのシステムファイルだけで8GB程度(2022年7月時点)が使われています。

そのため、ストレージ容量も増やしていく必要があるわけです。

iPadは長期的な利用に向いてるのに、容量が不足気味だった⁈

iPadのバッテリーは、フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。その上、チップセットも高性能なので、4年くらいは余裕で使えます。

なのに、32GBでは長期的な利用で容量不足になりがちでした…。

4年も経過すると、iOSシステムや各アプリはアップデートを重ねて、必要とする容量もかなり増えていくため、最低容量が32GB→64GBはいい変更になっていると言えます。

iPad 機種ストレージ容量
iPad 無印(第9世代)64GB/256GB
mini(第6世代)64GB/256GB
Air(第5世代)64GB/256GB
11インチPro(第3世代)128GB/256GB/512GB
1TB/2TB
12.9インチPro(第5世代)128GB/256GB/512GB
1TB/2TB
iPad容量構成 (2021年6月時点)

容量は少し余裕を持たせたものを選ぶ

iPadの容量は少し余裕を持たせることが大事です。

iOSシステムやアプリは定期的にアップデートされますよね?

アップデートで新機能が追加されたりすると、その分使用される容量も増えるので、すでに容量がギリギリという状態だと、今後足りなくなる可能性が高いです。

ストレージを多く消費するのは…

iPadのストレージを多く消費するのは…

  • 写真や動画
  • アプリ
  • iPadOS

写真や動画は、iCloud・Googleフォト・Amazon Photosなどのオンラインストレージサービス、もしくは外付けのSSDやHDDを利用することで、本体ストレージを気にせずに使うことができます。

アプリは、データを本体ストレージから移動して起動させることはできないため、写真や動画のように保管場所を変えるわけにはいきません。

1つのアプリで消費される容量は少ないものがほとんどですが、ゲームなどでは10GB以上の大容量を消費するものもあります。また、基本的にアップデートされるたびに、少しずつ必要な容量が増えていきます。

iPadOSの容量消費は、2022年7月時点で8GB程度です。アプリと同様にアップデートされるたびに、少しずつ消費される容量は増えていきます。

iPadの64GBは少ないのか?

iPadの最低ストレージが32GBから64GBに変更となったのはいいのですが、実際この64GBって多いの?少ないの?と気になるところだと思います。

もちろん「iPadで何をするか」によって多いのか、少ないのか、変わってきます。

  • ブラウジング
  • 動画視聴
  • 文書作成
  • メモやノートを取る

など他にも色々とあるとは思いますが、これらの作業は、基本的にそこまでストレージを消費するものではありません。なので、64GBでも十分です。

64GBだと少ない場合は…

基本的には64GBでも十分なのですが、問題は大容量を消費するアプリ、特にゲームアプリです。

ハイクオリティーなものは10GB程度消費することもあるため、こういったゲームアプリをするという人は注意する必要があります。

例えば、「PUBGモバイル」は2021年9月時点で10GB以上消費しています。

また、「原神」は2022年7月時点で15GB以上を消費します。

大容量が必要なアプリであっても、1つや2つ程度であれば64GBでもまだ余裕はあると思いますが、複数インストールして利用するとなると、ゲームだけで容量はかなりギリギリなんてことに…。

iPadをいろいろ使いこなしつつゲームもするという場合は、ストレージは余裕を持たせて128GB256GBが望ましいです。

ストレージが128GBは「iPad Pro」のみに…

ストレージは64GB以上だと128GB・256GB・512GB…とありますが、現状ほとんどの人にとって多すぎず・少なすぎずといった絶妙な容量は「128GBだと思います。

256GBは少し多すぎるかなーといった感じ…。

無印iPadのストレージは32GBと128GBだったのですが、第9世代からは64GBと 256GBとなり、残念ながら128GBという選択肢がなくなってしまいました。

そのため、128GBのiPadは「iPad Pro」のみとなります。

64GBと256GBは非常に悩ましい

無印・mini・Airの場合、「価格は安いがストレージに少し不安がある64GB」と、「価格は高いがストレージに余裕のある256GB」の2択しかありません。

上記でも述べたように、大容量を必要とするアプリ(特にゲーム)をほとんどしないのであれば、64GBでも十分です。

ただし、iPadOSや各アプリはアップデートするたびに、少しずつ必要な容量が増えてくるため、同じiPadを数年使い続ける場合、64GBでは容量が不足してくることを考慮しておく必要があります。

まとめ

iPad無印(第9世代)では、最低ストレージが32GBから64GBへと変更されています。

  • 無印/mini/Air
    64GB/256GB
  • Pro 11インチ/12.9インチ
    128GB/256GB/512GB/1TB/2TB

基本的にアプリをたくさんインストールしない場合64GBでも十分です。大容量を消費するゲームアプリも1、2本くらいであれば問題ない。

ただし、アップデートするたびに、iPadOSや各アプリのストレージ消費は少しずつ増えていきます。そのため、今は大丈夫でも数年後には厳しいという人も…。

そういった点を考慮すると、ほとんどの場合128GBが最適

128GBの選択肢がないiPad(無印・mini・Air)では、256GBにすることで数年後でも容量の心配は無用。ただし、64GBと256GBでは結構な価格差があります。

iPad(第9世代)mini(第6世代)Air(第5世代)pro 11インチ(第3世代)Pro12,9インチ(第5世代)
64GBWi-Fi
セルラー
49,800円
69,800円
72,800円
94,800円
84,800円
106,800円
128GBWi-Fi
セルラー
117,800円
139,800円
159,800円
181,800円
256GBWi-Fi
セルラー
71,800円
91,800円
94,800円
116,800円
106,800円
128,800円
132,800円
154,800円
174,800円
196,800円
512GBWi-Fi
セルラー
162,800円
184,800円
204,800円
226,800円
【2022年7月〜】 iPadの価格(税込)