iPadはノートだ!!大学生におすすめiPadは……

スポンサーリンク
学生

大学生になるとPCはほぼ必須アイテムとなりますが、
PCに加えて持っておきたいのがiPad

スマホより大きな画面でPCよりも手軽に使うことができ、スマートフォンとPCの中間的な存在と言えます。

Apple Pencilを使って「手書き」するという作業がスマホやPCより優れています。
Apple Pencilの書き心地は非常に良く、
遅延感が無いので本物の紙に書いているかのように滑らかです。

スポンサーリンク

iPadをノートに

大学生がiPadを何に使うか?

もちろんゲームです。

重いゲームでもサクサク動いちゃいます。スマホより画面が大きいので見やすいので、スマホゲームするならオススメです!

 

本題に戻ります(笑)

 

iPadをノートとして使うには

以下の二つがあると便利です。

1.スタイラスペン

Apple Pencilを持っておけば間違いないです。
また AppleStoreでも販売されているLogicoolのCrayonというスタイラスペンもオススメです。

Apple Pencilには(第1世代)と(第2世代)があり、 iPadの機種によって対応するApple Pencilが違います。

価格(税別)対応機種
Apple Pencil(第1世代)10,800円iPad 無印/mini
Apple Pencil(第2世代)14,500円 iPad pro/Air
2.ノートアプリ

有料(¥1000前後)になりますが、GoodNotesnoteshelfNotabilityなどが有名です。

ノートアプリは複数持つ必要はありません。
有料のアプリであれば基本的な機能は同じです。
どれにしようか迷った場合、おすすめはGoodNotesです!

GoodNotes 5

GoodNotes5
¥980
posted withアプリーチ

GoodNotesは文字を手書きやテキスト入力ができるだけでなく、
写真の貼り付け等も可能です。

また、書類のスキャン・読み込み+その書類への書き込みができるという
便利な機能があります。
これは、大量のレジュメ(プリント)や資料などをiPadの中で管理できるということです。

大学生は大量のレジュメを扱いますからね…。
全部ノートアプリで管理しちゃえば、「あのレジュメがない」なんてことは無くなります。

大量のレジュメをアプリ内に保存したのはいいものの、
探し出すのが大変じゃない?
と思った方は安心してください。

アプリ内には検索機能があり、
キーワードを入力するとそのキーワードが書かれた場所が瞬時に分かります。

このキーワード検索は手書きしたものにも対応しているので非常に便利です。



Wi-Fiモデル/Cellular(セルラー)モデルを選ぶ

「ノートとして使うiPadどれにしようか」となった時、
まず最初に選ぶべきは「iPadをWi-FiモデルCellularモデルのどちらにするのか」ということです。

Wi-Fiモデル

インターネットに接続するためにはWi-Fiが必要。

ノートアプリはオフラインでの使用可能なため、基本的にはWi-Fiモデルで事足ります。また、学内無線LANが使える大学がほとんどなので、学内の使用においては不便はないと思います。

Cellularモデル(セルラーモデル)

Wi-Fiでの接続に加えて、携帯電話会社の回線(3G/LTE/4G)の利用でもインターネットに接続できる。
Wi-Fiモデルよりも価格が高い

iPadをWi-Fiのない環境でインターネットに接続してスマホのように使いたい場合Cellularモデルを選びましょう。格安SIMを利用すれば月々の使用料金を安く抑えられますが、通信速度が遅すぎて使い物にならないなんて事もあるます。SIMを選ぶ際は慎重に!

iPadの機種を選ぶ

2020年9月現在最新iPad情報

  • iPad 無印(第7世代)(第8世代)←NEW
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad Air(第3世代)(第4世代)←NEW
  • iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12,9インチ(第4世代)

新たにiPad 無印(第8世代)iPad Air(第4世代)の発売が決定!

iPad ProiPad AiriPad miniiPad無印
画面サイズ12.9インチ11インチ10.9インチ7.9インチ10.2インチ
Wi-Fiモデル128GB
104,800円
128GB
84,800円
64GB
62,800
64GB
45,800円
32GB
34,800円
256GB
115,800円
256GB
95,800円
512GB
137,800円
512GB
117,800円
256GB
79,800
256GB
62,800円
128GB
44,800円
1TB
159,800円
1TB
139,800円
Cellularモデル128GB
121,800円
128GB
101,800円
64GB
77,800
64GB
60,800円
 32GB
49,800円
256GB
132,800円
256GB
112,800円
512GB
154,800円
512GB
134,800円
256GB
94,800
256GB
77,800円
128GB
59,800円
1TB
176,800円
1TB
156,800円

iPad miniはノートとしてはおすすめできない

ノートとして使いたい場合はiPad miniは候補から外しましょう。

miniの本体サイズはA4用紙の半分「A5サイズ程度」画面サイズは「7.9インチ」と一般的なノートの大きさであるB5サイズよりも小さいので、ノートとして使うには使いづらいのでお勧めしません。

※手帳やメモ帳としては使いやすい

iPad Proは予算に余裕がある人向け

金銭的に余裕のある方はiPad Proにしちゃってください…
価格が高いだけあって、もちろん性能は最強です。

ノートとしてiPadを使うという場合においては、必ずしもiPad proが必要というわけではありません。絵・イラストを描いたり、動画を編集したりとノート以外にもバリバリiPadを活用する方にはiPad proがオススメです。

注意点としてiPad Proに対応するApple Pencilは第二世代です。間違えて第一世代を購入しないようにしましょう。

iPad Air4は値上がってしまったのが少し残念

新型iPad Air(第4世代)はAir(第3世代)に比べ性能や仕様が強化され、より iPad proに近づいた機種になりました。しかしその反面、価格は8000円値上がってしまった

価格や性能で「iPad無印」と「iPad Pro」のちょうど中間的な存在でしたが、Air4ではiPad proのライバル機種といった立ち位置になりました。なのでノートとして使うという場合においては、安さというメリットがなくなったのであまりオススメできなくなってしまいました。

ただし、iPad proの購入を考えていた方にはiPad Air(第4世代)という選択肢が増えました。価格もiPad proに比べれば安くオススメです。

おすすめはiPad無印

iPadをノートとしての使い方がメインの場合、おすすめはiPad無印です。
iPadの中で最も性能・価格を抑えた機種になります。ノートとしてメインに使うのであれば、性能はiPad無印で全く問題ないです。

新しく発売されたiPad(第8世代)では「旧iPad Air(第3世代)」/「iPad mini」と同じA12 Bionicチップが搭載され、性能が強化されました。値段は変わらずチップが良くなったiPad無印は個人的に最もコスパがいいように思います。

価格を抑えながら、しっかりとノートとして活躍できるという点でiPad無印はオススメです。

新しくなったiPad 無印/iPad Air比較

iPad無印iPad Air
画面サイズ10,2インチ10,9インチ
高さ250,6mm250,6mm
174,1mm174,1mm
厚さ7,5mm6,1mm
重量(Wi-Fiモデル)483g456g
チップA12 BionicA14 Bionic
ホームボタンありなし
認証ホームボタンでの指紋認証トップボタンでの指紋認証
コネクタLightningUSB Type-C
イヤホンジャックありなし
ベゼル(画面のフチ)
iPad無印(第8世代)では引き続きホームボタン式の指紋認証が搭載されています。一方で新しくなったAir(第4世代)ではホームボタンが廃止され、iPad初となるトップボタンでの指紋認証が搭載されました。ホームボタンがなくなったAir4のベゼル(画面のフチ)はiPad pro同様に極薄ベゼルとなり、画面のサイズも10.5から10.9インチと大きくなっています。
チップ
  • Air(第3世代)にはA12 Bionicチップ
    →iPhone XR/XS/XS Maxと同じ
  • iPad無印(第7世代)にはA10 Fusionチップ
    →iPhone7/7Plusと同じ

だったものが、以下のようになりました。

  • iPad無印(第8世代)A12 Bionic
  • Air(第4世代)A14 Bionic

価格は以前と変わらずにiPad無印の性能がAir(第3世代)/miniと同じになったということで、iPad無印はすごくコスパの良い機種になったと思います。

ディスプレイ

Air無印のディスプレイの主な違いは以下の4点です。

  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ

特に、フルラミネーションディスプレイというのが大きな違いだと思います。

iPad無印では液晶画面とカバーガラスの隙間が広いため、画面が少し奥まった感じがします。なので、Apple Pencil等を使って文字を書いた時に、実際に書いた位置と文字が映し出される位置少しズレてしまうことがあります。

一方で、iPad Airフルラミネーションディスプレイを採用しているので、画面の奥まった感じが全くありません。なので文字書いたり絵を描いたりする時、iPad無印のように「実際に書いた位置と文字が映し出される位置少しズレてしまう」ということはおきません。

容量は128GBがオススメ

「容量の少ないiPadを購入したが容量が足りない」
「大容量のiPadを購入したが容量の少ないiPadでも十分足りたので、機種代金を損した」
ということにならないようにしたいですよね?

iPadをノートとして使う場合は何GB必要か?という答えは使う人によって変わってきます。特に大学生は学部や専攻によってノートや扱う資料の量も異なります。ですが、基本的には256GB以上は必要ないと考えて貰えばいいと思います。

iPadの機種によってある容量ない容量があるのでその辺の兼ね合いも必要ですが、個人的にはiPad無印の128GBをオススメします。

iPad無印にはもう一種類「32GB」がありますが、32GBではほぼ確実に大学4年間分のノートは取りきれないと思います。データを他の場所に移し保存するなど上手くやりくりすることで、32GBでも使えなくは無いのですが、ファイルの管理など面倒なのでお勧めできません。




コメント

タイトルとURLをコピーしました